@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大兵【ダイヒョウ】

デジタル大辞泉

だい‐ひょう〔‐ヒヤウ〕【大兵】
[名・形動]《「たいひょう」とも》
からだが大きいこと。また、そのさまや、そのような人。⇔小兵(こひょう)
「肥胖(でっぷり)した―な男で」〈魯庵社会百面相
弓を引く力が強いこと。また、その人。精兵(せいびょう)。〈日葡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐へい【大兵】
たくさんの兵士大軍

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐つわもの おほつはもの【大兵】
〘名〙 (「おおづわもの」とも) 多くの軍兵。たいへい。
※書紀(720)神武即位前戊午年六月(北野本訓)「是の時に大伴氏の遠祖日の臣の命、大来目督将(いくさのきみ)の元戎(オホツハモノ)を帥(ひき)ゐて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐ひょう ‥ヒャウ【大兵】
〘名〙 (「たいひょう」とも)
① 弓を引く力が強いこと。また、その人。精兵(せいびょう)
※玉塵抄(1563)二「大ひゃうの弓ぞ」
② (形動) からだが大きいこと。また、そのさまやその人。
※四座役者目録(1646‐53)上「大いに好み初めたる人也。大兵なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐へい【大兵】
〘名〙 多くの兵士。大軍。
※日本外史(1827)一二「明将李如松率大兵来援朝鮮」 〔六韜‐発啓〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大兵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大兵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation