@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大原孫三郎【おおはらまごさぶろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大原孫三郎
おおはらまごさぶろう
[生]1880.7.28. 倉敷
[没]1943.1.18.
実業家。倉敷紡績倉敷絹織 (クラレ前身) などの経営者として両社を大きく発展させる一方,労働問題にも強い関心をもち,従業員の待遇改善を実行した。また,高野岩三郎所長に迎えて大原社会問題研究所 (法政大学大原社会問題研究所) を設立し,日本の社会問題研究の水準向上に貢献,ほかにも大原農業研究所 (現岡山大学農業生物研究所) ,倉敷労働科学研究所 (現日本労働科学研究所) ,大原美術館を設立するなど,社会・文化事業にも尽力した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおはら‐まごさぶろう〔おほはらまごサブラウ〕【大原孫三郎】
[1880~1943]実業家社会事業家。岡山の生まれ。倉敷紡績などの社長歴任。社会事業に尽力し、大原社会問題研究所・大原農業研究所・倉敷中央病院・大原美術館などを設立した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大原孫三郎 おおはら-まごさぶろう
1880-1943 明治-昭和時代前期の実業家,社会事業家。
明治13年7月28日生まれ。大原孝四郎の3男。明治39年倉敷紡績社長となり,のち倉敷絹織(現クラレ)を設立する。大正8年私財を投じて大原社会問題研究所を設立。倉敷労働科学研究所,大原美術館などもつくった。昭和18年1月18日死去。64歳。岡山県出身。
【格言など】企業の儲けは社会に還元しなければならない(信条)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおはらまごさぶろう【大原孫三郎】
1880‐1943(明治13‐昭和18)
実業家,社会事業家。岡山県都窪郡倉敷村(現,倉敷市)で孝四郎の次男に生まれ,敬堂と号した。岡山の閑谷黌(しずたにこう)を経て,1897年東京専門学校(現,早稲田大学)へ進学。在学中足尾銅山の鉱害地を視察して,企業の社会的責任を痛感,中退して郷里へ帰る。帰郷後,石井十次に接してキリスト教に入信した。倉敷を東洋聖地にすべく育英事業の大原奨学会や倉敷教育懇話会の設立など社会事業に奔走した。1904年,家督を継ぎ,06年倉敷紡績の社長として,工場労働者の労働条件の改善や福祉向上に努める一方,倉敷絹織,三豊紡績,日本莚業,倉敷電灯,中国合同水力電気,中国銀行,岡山合同貯蓄銀行,中国信託,京阪電鉄などの社長,取締役に就任して,岡山県産業の振興に尽くし,広く関西財界にも重きをなした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおはらまごさぶろう【大原孫三郎】
1880~1943 実業家。岡山県生まれ。早大卒。倉敷紡績社長。キリスト教的理想主義から社会事業に尽力。大原社会問題研究所・大原農業研究所・大原美術館などを創設した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大原孫三郎
おおはらまごさぶろう
(1880―1943)
企業経営者、社会・文化事業家。岡山県倉敷(くらしき)の大地主の家に生まれる。東京専門学校(早稲田(わせだ)大学の前身)卒業後、1906年(明治39)父孝四郎(たかしろう)の後を継ぎ倉敷紡績の社長に就任。職工待遇の根本方針を「職工の人格を認めその幸福を増進すること」とし、職工の優遇や教育、厚生施設の充実に力を注いだ。さらに労働問題の真の解決は、科学的研究の成果により労資双方の一致点を発見し、それを経営面に具体化することだと確信し、大原社会問題研究所、倉敷労働科学研究所、大原農業研究所を創設。キリスト教的理想主義に基づく諸事業は、各方面に多大の貢献をした。また大原美術館(倉敷)を設立した。[千本暁子]
『土屋喬雄著『日本経営理念史』(2002・麗沢大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおはら‐まごさぶろう【大原孫三郎】
実業家。私財を投じて大原社会問題研究所、倉敷労働科学研究所、大原農業研究所、大原美術館、孤児院などを設立。明治一三~昭和一八年(一八八〇‐一九四三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大原孫三郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大原孫三郎の関連情報

関連キーワード

633美の里ニゲルいの(町)吾北紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ロダンブラウン地獄の門明治維新

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation