@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大原美術館【おおはらびじゅつかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大原美術館
おおはらびじゅつかん
岡山県倉敷市にある美術館。1930年大原孫三郎により創設。約 600点の洋画(日本の洋画を含む),約 30点の彫刻をはじめ,エジプト美術,中国美術,外国陶磁など収蔵作品総数約 3000点。コレクションは画家児島虎次郎の収集になるもので,大正年間に収集した西洋絵画,彫刻などが中核をなす。17世紀のエル・グレコをはじめ,印象主義から 20世紀の代表的な作家にいたるまで収集の幅は広い。1961年に分館増設,続いて陶器館,棟方志功版画館(→棟方志功),芹沢銈介染色館(→芹沢銈介),東洋館,児島虎次郎館が開設された。風格ある美術館各棟の建物も魅力の一つである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおはら‐びじゅつかん〔おほはらビジユツクワン〕【大原美術館】
岡山県倉敷市にある美術館。昭和5年(1930)大原孫三郎が創設。児島虎次郎の代表作のほか、西洋絵画・日本近代洋画・エジプト古代美術品などを所蔵。特に、印象派を中心とした絵画は大原コレクションとして有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおはらびじゅつかん【大原美術館】
岡山県倉敷市にある美術館。日本で最初の西洋美術を展示する美術館として,1930年に実業家大原孫三郎が創設。世界的な視野で収集された展示品は,海外でもつとに知られている。実際にヨーロッパで収集にあたったのは洋画家児島虎次郎(1881‐1929)である。2人の信頼と友情によって,今日では不可能とされるエルグレコ《受胎告知》をはじめゴーギャン《かぐわしき大地》やロートレック《マルトX夫人の肖像》など数々の作品を収集。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大原美術館
おおはらびじゅつかん

岡山県倉敷市にある美術館。1930年(昭和5)同県出身の洋画家児島虎次郎(こじまとらじろう)の画業を記念し、あわせて美術の研究発達を図るため倉敷紡績2代目社長大原孫三郎(まごさぶろう)により創立されたわが国最初の西洋近代美術館。収蔵作品は児島の作品のほか、児島自身が創立者の委嘱を受けてヨーロッパで集めた西洋絵画、エジプト古代美術に加えて、第二次世界大戦後、孫三郎の嗣子(しし)総一郎によって西洋現代美術、日本近代・現代美術が集められた。

 本館は創立当初の建物でギリシア神殿風の外観の正面入口の左右にロダンの彫刻2点が置かれている。展示室にはグレコの『受胎告知』をはじめ、モネ、ゴーギャンからカンディンスキーなど、大原コレクションとして広く知られる現代美術の先駆をなす作品が展示されている。分館は藤島武二、岸田劉生(りゅうせい)、安井曽太郎(そうたろう)など、近代日本洋画の代表作が展示されている。古い土蔵を改造した工芸館は浜田庄司(しょうじ)、富本憲吉、河井寛次郎、バーナード・リーチの作品を収めた陶器室と板画の棟方(むなかた)志功室、染色の芹沢銈介(せりざわけいすけ)室が並ぶ。

 東洋館は中国を中心にした先史から唐代に至る古美術を展示、旧倉敷紡績工場跡の倉庫を改造した児島虎次郎記念館には虎次郎の絵画と古代エジプト、先史イラン、中世イスラムの美術が展示されている。休館日は毎週月曜日と12月28日から1月1日。

[永井信一]

『『大原美術館美術講座1~5』(1988~1990・用美社)』『山陽新聞社編・刊『夢かける――大原美術館の軌跡』(1991)』『大原美術館編・刊『大原美術館所蔵品目録1920―1990』(1991)』『今村新三著『大原美術館ロマン紀行』(1993・日本文教出版)』『大原美術館編・刊『大原美術館の120選』(1994)』『藤田慎一郎著『大原美術館』(1999・日本文教出版)』『藤田慎一郎著『大原美術館と私――50年のパサージュ』(2000・山陽新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

大原美術館
(岡山県倉敷市中央1-1-15)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおはら‐びじゅつかん おほはらビジュツクヮン【大原美術館】
岡山県倉敷市中央にある美術館。昭和五年(一九三〇)大原孫三郎が設立。西欧絵画、エジプト古美術品、中国美術品のほか、明治から昭和に至る日本美術の代表作を収蔵。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大原美術館」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大原美術館の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎清水宏マキノ雅広五所平之助小津安二郎エバハート島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男ペレストロイカ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation