@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大和猿楽【ヤマトサルガク】

デジタル大辞泉

やまと‐さるがく【大和猿楽】
中世、大和国に本拠地をもって、春日神社の神事などに奉仕した猿楽の座の総称。大和四座が著名で、近世以降の猿楽の主流となった。→大和四座(しざ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やまとさるがく【大和猿楽】
興福寺,法隆寺等の大和の寺社属で,その神事祭礼奉仕を根本的な義務とした猿楽。《風姿花伝ふうしかでん)》神儀に,〈大和国春日御神事相随申楽四座〉として,外山(とび)(宝生座),結崎(ゆうざき)(観世座),坂戸(さかど)(金剛座),円満井(えんまんい∥えまい)(金春(こんぱる)座)の四座がみえており,室町初期にはこの四座が大和における代表的な猿楽座となっていた。この四座がやがて近江丹波等の近隣諸座に対して優位に立ち,能の隆盛に中心的な役割を果たすのだが,その大和猿楽の歴史は平安時代にまでさかのぼる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やまとさるがく【大和猿楽】
大和国に座をもつ猿楽の総称。丹波猿楽・近江猿楽などに対していう。室町時代には、大和四座をいった。 → 大和四座しざ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大和猿楽
やまとさるがく
中世に大和国(奈良県)に本拠を置いた猿楽の座の総称。大和一円に大小の座が存在したが、それらのうち大和平野およびその近辺に座を構えた円満井(えんまんい)座(のち金春(こんぱる)座)、坂戸(さかど)座(のち金剛(こんごう)座)、外山(とび)座(のち宝生(ほうしょう)座)、結崎(ゆうざき)座(のち観世(かんぜ)座)の四座(よざ)は、興福寺薪(たきぎ)猿楽、春日若宮(かすがわかみや)おん祭などに参勤し、興福寺所属の猿楽として勢力を伸長した。さらに室町初期に結崎座の観阿弥(かんあみ)・世阿弥(ぜあみ)父子が京都へ進出、足利(あしかが)3代将軍義満(よしみつ)の愛顧を受けたことによって、大和猿楽四座の立場はいっそう強固なものとなった。元来は物真似(ものまね)本位で動きの激しい鬼能(おにのう)などを本領とする芸風であったが、観阿弥が歌舞の要素を強化し、世阿弥がそれに高雅優美な表現を加えて芸術性を高めた。戦国時代には大和猿楽も危機に瀕(ひん)するが、金春座をひいきにした豊臣(とよとみ)秀吉は大和猿楽四座を猿楽諸座の代表とし、ここに丹波(たんば)猿楽、宇治猿楽など他座の役者を所属させて扶持(ふち)し、徳川家康もその政策を継承したので、大和猿楽四座のみが猿楽の命脈を伝えるに至った。やがて本拠を江戸に移し、江戸初期に成立した喜多(きた)流を加えて四座一流が江戸幕府保護の猿楽と定められ、それが今日の能のシテ方五流(観世流、金春流、宝生流、金剛流、喜多流)となった。[小林 責]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまと‐さるがく【大和猿楽】
〘名〙 中世、大和国(奈良県)の興福寺、春日神社の神事に従事した猿楽。外山(とび)(=宝生流)・結崎(ゆうざき)(=観世流)・円満井(えんまんい)(=金春流)・坂戸(さかと)(=金剛流)の四座があった。
※申楽談儀(1430)猿楽の諸座「やまとさるがくは、河勝よりすぐにつたはる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大和猿楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大和猿楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation