@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大和絵【ヤマトエ】

デジタル大辞泉

やまと‐え〔‐ヱ〕【大和絵/×倭絵】
本来は、日本の風景風俗を描いた絵画。鎌倉後期からは、宋元画やその影響を受けた新様式の日本画に対して平安時代以来の伝統的な様式による絵画の総称唐絵(からえ)に対していう。また、15世紀に土佐派が興隆して大和絵を標榜(ひょうぼう)してからは、流派的な観念も含まれるようになった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やまとえ【大和絵】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大和絵
やまとえ
倭絵、やまと絵とも書く。平安時代には中国的な主題を描いた唐絵(からえ)に対して、日本の風景や風俗を描いた絵を大和絵とよんだ。とくに月ごとや季ごとの風物を主題とした月次絵(つきなみえ)や四季絵、あるいは日本各地の名所を主題とした名所絵の描かれた屏風(びょうぶ)や障子絵の呼称として用いられた。文献上の初例は10世紀末であるが、9世紀後半にはすでに制作されていたと考えられ、以後平安時代を通じて和歌文学と密接な関係をもちながら発展した。しかし、鎌倉時代後期に宋元(そうげん)絵画の舶載が盛んになると、これらの輸入された中国画やさらにその画風に倣って日本において制作された新様式の絵画を唐絵とよぶようになり、これに対して大和絵は平安時代以来の伝統的な様式の絵画の総称として用いられるようになる。したがって大和絵は、題材のみならずその画風においても唐絵と区別されたといえる。ついで15世紀に土佐派が興隆して宮廷の画所預(えどころあずかり)の地位を世襲するようになると、大和絵は土佐派の画風として流派的な意味をもつようになった。このような傾向は、16世紀に漢画の流派である狩野(かのう)派が隆盛を誇るに及んで、いっそう助長され、江戸時代には土佐派と住吉派が大和絵を家芸として標榜(ひょうぼう)した。また琳(りん)派や浮世絵も大和絵の伝統のうえに開花したことが指摘できる。江戸末期には復古大和絵派もおこった。このように大和絵の語義は時代によって異なるが、現在では広く日本的な絵画をさすことが多い。[加藤悦子]
『源豊宗著『大和絵の研究』(1976・角川書店) ▽『下店静市著作集8 大和絵史研究』(1985・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

大和絵
やまとえ
唐絵に対する語で,日本的絵画の称
中世までは「倭絵」と書いた。平安中期に中国伝来の中国絵画やその模倣画などを唐絵と呼んだのに対し,日本の風物を描いたものを大和絵という。屛風絵を中心に世俗絵画がおもに描かれていた。室町時代以後は土佐派がその中心になりその技法風体が継承され,現代日本画の基礎となっている。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大和絵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大和絵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation