@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大和高原【やまとこうげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大和高原
やまとこうげん
奈良県,奈良盆地北東に続く高原。狭義の笠置山地標高 200~500m。花崗岩から成る隆起準平原で,西は春日断層崖で奈良盆地に接し,南は初瀬川宇陀川の谷で宇陀山地に限られ,東は上野・名張盆地に続き,北は木津川の構造谷にのぞむ。米作,林業のほか茶や野菜の抑制栽培が行われる。名阪国道が横断している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やまとこうげん【大和高原】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大和高原
やまとこうげん

奈良、京都、三重、滋賀の府県境に広がる笠置山地(かさぎさんち)南部の高原。狭義の笠置山地に相当。南から北に向かって緩やかに傾斜する標高400~500メートルの地塊。地質時代に準平原が隆起する一方で、四周が断層によって沈降し、東は伊賀(いが)盆地、西は奈良盆地、北は木津(きづ)川、南は大和川・宇陀(うだ)川の谷で境される。高原上は小盆地が発達し、水田耕作が行われるが、高原の冷涼気候のため裏作はできない。林業や茶栽培、野菜の抑制栽培も盛ん。

[菊地一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大和高原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大和高原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation