@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大喜利【おおぎり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大喜利
おおぎり
興行の最終演目の後に,独立して付けられる出し物の呼び名。大切とも書く。もともとは江戸末期の歌舞伎が,前の筋立てとのない1幕を付け,1日の芝居を明るく閉じるようにしたのが始まり。転じて寄席で,最終演者 (とり) が終えた後,大勢珍芸などを披露することを指すようになり,現在では後者の方が一般的。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

大喜利
噺家が余興的に演じる言葉遊び。謎掛け、折り込み々逸(どどいつ)、割り句など。本来は暮正月、お盆などに限られた。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

おおぎり【大喜利】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大喜利」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大喜利の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation