@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大国主神【おおくにぬしのかみ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大国主神 おおくにぬしのかみ
記・紀にみえる神。
父は天之冬衣神(あめのふゆきぬのかみ)。素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子孫因幡(いなば)の白兎(しろうさぎ)をたすけて八上比売(やかみひめ)と結婚したため,恋がたきの兄たちに2度殺される。母神の助けで蘇生(そせい)して葦原中国(あしわらのなかつくに)の主となり,少彦名命(すくなひこなのみこと)と国造りをおこない,天津神(あまつかみ)に国譲りした。大国主命として出雲(いずも)大社にまつられている。別名に大己貴(おおなむちの)神,葦原醜男(あしわらのしこお),顕国玉(うつしくにたまの)神,八千戈(やちほこの)神,大物主神など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおくにぬしのかみ【大国主神】
国主命(みこと)ともいう。日本神話にあらわれる神の名。記紀の神話に,葦原中国(あしはらのなかつくに)の国作りを行い,国土を高天原(たかまがはら)の神に国譲りした神として語られている。素戔嗚尊(すさのおのみこと)の5世の孫(《古事記》)または子(《日本書紀》)とされる。名義は大いなる国主ので,天津神(あまつかみ)(高天原の神々)の主神たる天照大神(あまてらすおおかみ)に対して国津神(くにつかみ)(土着の神々)の頭領たる位置をあらわす。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おおくにぬし‐の‐かみ おほくにぬし‥【大国主神】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおくにぬし‐の‐かみ〔おほくにぬし‐〕【大国主神】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大国主神」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大国主神の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation