@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大国荘【おおぐにのしょう】

世界大百科事典 第2版

おおぐにのしょう【大国荘】
伊勢国飯野・多気両郡にあった荘園。現,三重県多気郡多気町弟国を中心とする地域。812年(弘仁3)桓武天皇皇女故布施内親王の墾田185町余が嵯峨天皇より東寺へ施入されて成立。平安~南北朝期までは東寺長者渡領,1343年(興国4∥康永2)時の長者賢俊より東寺供僧・学衆方へ寄進され,供僧・学衆方領となる。835年(承和2)荘内の散在公田と川合荘田と交換,一円化がはかられ,832年(天長9),856年(斉衡3),飯野郡の浪人が施入され,荘官も坂田川成・同良成の名がみえるなど,荘支配体制が整えられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大国荘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大国荘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation