@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大地溝帯【だいちこうたい】

知恵蔵

大地溝帯
大陸地殻が伸張テクトニクスによって引き裂かれ、正断層発達や激しい火成活動に伴って地殻が薄くなり、ついには沈降して地形的に溝状に凹んでしまった地帯インド洋中央海嶺の延長部にあたるアデン湾・紅海から、南方ケニアタンザニアを経てマラウイへと連なる東アフリカ地溝(リフト・バレー)が有名で、両側は年に数mmの速さで離れている。
(斎藤靖二 神奈川県立生命の星・地球博物館館長 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

だい‐ちこうたい【大地溝帯】
アフリカ大陸東部を南北に縦断する巨大な地溝。延長6000キロメートル、幅35~50キロメートル。死海タンガニーカ湖マラウイ湖などが含まれる。グレートリフトバレー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大地溝帯
だいちこうたい

アフリカ大陸東部から、紅海、アカバ湾、死海に至るまでの地域にみられる地溝帯。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だい‐ちこうたい【大地溝帯】
〘名〙
① アフリカ大陸東部を南北に縦断する断層陥没地帯。延長六〇〇〇キロメートル、幅三五~五〇キロメートル。タンガニーカ湖、ニアサ湖などが含まれる。アフリカ大地溝帯。
② 地質学上、日本列島を西南日本と東北日本に分ける大きな割れ目。本州中部を横断し、その西縁は糸魚川‐静岡構造線。フォッサマグナ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大地溝帯
だいちこうたい
アフリカ大地溝帯」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大地溝帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大地溝帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation