@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大垣【オオガキ】

デジタル大辞泉

おお‐がき〔おほ‐〕【大垣】
邸宅や寺院などの、いちばん外側外囲い

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおがき【大垣】[地名]
岐阜県南西部の市。もと戸田氏の城下町で中心部は河川水路縦横に流れる水郷地帯。繊維・化学工業が盛ん。平成18年(2006)3月に上石津町・墨俣(すのまた)町を編入したが、両町の旧域はそれぞれ別の飛び地となっている。人口16.1万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおがき【大垣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おお‐がき おほ‥【大垣】
[1] 〘名〙
① 居宅などの周囲の大きな垣。築地(ついじ)などをいう。外囲い。総がこい。
※源氏(1001‐14頃)賢木「ものはかなげなる小柴垣(こしばがき)をおほがきにて、板屋ども、あたりあたり、いとかりそめなり」
② 「おおがき(大垣)の刑」の。その際に罪人を引きまわした大きな垣。
※浮世草子・好色一代男(1682)二「哀れ、今も鹿(しし)ころせし人は其科(とが)を赦(ゆる)さず大がきをまはすとかや」
③ 牧場の周囲に作る垣。
[2] 岐阜県南西部の地名。江戸時代は戸田氏一〇万石の城下町で、東海道と中山道を結ぶ美濃路の宿駅。現在は中京工業地帯西北端の商工業都市。芭蕉の「奥の細道」結びの地。大正七年(一九一八)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大垣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大垣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation