@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大塩平八郎の乱【おおしおへいはちろうのらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大塩平八郎の乱
おおしおへいはちろうのらん
天保8 (1837) 年,大塩平八郎大坂で起した反乱。同7年の大飢饉で大坂にも餓死者が続出したが,東町奉行跡部山城守良弼はなんら救済策を講じることなく,かえって大量の米を江戸へ回送したため,米を買占めた豪商らは暴利を博した。大塩は再三跡部に救済の嘆願を行なったが聞き入れられなかったので,憤慨し,ひそかに門弟与力や同心,近辺の富農らとはかり,同8年2月 19日,兵の計画を立てた。大塩は挙兵に先立って蔵書を売払い金 620両を得,これを窮民1万軒に1朱ずつ分配した。挙兵とともに大塩一党は近隣の農民を飛ばして参加を呼びかけ,およそ 300人とともに天満に放火して気勢をあげ,船場に近い豪商を襲って金穀を奪った。これに対し,大坂城代土井 (どい) 大炊頭利位は隣接諸藩に来援を求め,城兵は西町奉行堀伊賀守利堅の指揮下に銃をもって応戦し鎮圧した。この乱で大坂市内の家屋1万戸が焼失した。大塩らは逃れて市内に潜伏したが,まもなく相次いで逮捕され,あるいは自首し,平八郎も隠れ家を襲われて3月,自決した。大塩の乱をきっかけとして,越後の生田万の乱 (いくたよろずのらん) など,各地に暴動が起った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

大塩平八郎の乱
陽明学者で元大坂東町奉行所与力の大塩平八郎が、1837年2月19日、天保の飢饉(ききん)で苦しむ民衆の救済と腐敗した幕政の改革を訴え、門弟の武士や農民ら約300人を率いて蜂起した。大坂の町の約5分の1が焼けたとされるが、半日で鎮圧された。約40日後、隠れ家で見つかり自害した。
(2010-05-07 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日本大百科全書(ニッポニカ)

大塩平八郎の乱
おおしおへいはちろうのらん

江戸後期、大坂で大塩平八郎らが救民のため挙兵した反乱。1828年(文政11)の九州大洪水より、断続的に天災による諸国異作が続き、36年(天保7)は未曽有(みぞう)の大飢饉(ききん)であった。この打ち続く凶作・飢饉により米価高騰し、大坂市中には飢餓による死者が続出する。もと大坂町奉行与力(まちぶぎょうよりき)であり陽明学者であった大塩平八郎は、こうした市中の惨状を無視しえず、養子格之助(かくのすけ)を通じて、しばしば救済策を上申するも拒否された。しかも時の担当者、大坂東町奉行跡部山城守(あとべやましろのかみ)は適切な対策を出せないばかりか、翌年に予定されている新将軍宣下の儀式の費用のために江戸廻米(かいまい)の命令を受けると、市中の惨状を無視してそれに応じた。さらに市中の大豪商の賑恤(しんじゅつ)もこのときにはふるわなかった。こうした大坂町奉行諸役人と特権豪商に対し、大塩平八郎は彼らを誅伐(ちゅうばつ)してその隠匿の米穀、金銭を窮民に分け与えるため、挙兵を決意する。あらかじめ自分の蔵書を売却して金にかえ、それを近隣の農民に分け与え、挙兵への参加を工作していた。37年2月19日、大塩は幕政批判の主旨の檄文(げきぶん)を飛ばし、「救民」の旗印を掲げて、私塾「洗心洞(せんしんどう)」に集う門弟二十数名とともに、自邸に火を放ち、豪商が軒を並べる船場(せんば)へと繰り出した。一党は300人ほどになっていたが、鎮圧に出動した幕府勢と小競り合い程度の市街戦を繰り返したのみで、小一日もちこたええず四散する。兵火は翌日の夜まで燃え続け、大坂市中の5分の1を焼いた。主謀者大塩父子は約40日後、大坂市中に潜伏しているところを探知され、自刃。この乱は、幕政の中枢の都市大坂で、しかも元与力であり著名な陽明学者であった人物が主謀したことによりその影響は大きかった。幕政担当者はこれを契機に天保(てんぽう)の改革に取り組み、一般民衆のなかには「大塩残党」を名のる越後(えちご)(新潟県)柏崎(かしわざき)の生田万(いくたよろず)の乱、備後(びんご)(広島県)三原の一揆(いっき)、摂津(大阪府)能勢(のせ)の山田屋大助の騒動などの連鎖反応が起こった。

[宮城公子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

大塩平八郎の乱
おおしおへいはちろうのらん
1837年,大塩平八郎らが大坂でおこした反乱
天保の飢饉に際し,貧民救済に尽力した平八郎が大坂町奉行所の無策を批判し,近郷の農民に檄文を回して動員門下の与力・同心らと挙兵した。大坂市内の豪商を襲い貧民に米・金を与えたが1日で鎮圧され,平八郎は潜伏1か月余り後自殺した。元幕臣で陽明学者の大塩平八郎による直轄都市大坂での乱だけにその社会的影響は大きく,生田万 (いくたよろず) の乱などが続発し,幕府当局者にも危機感を与えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大塩平八郎の乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大塩平八郎の乱の関連情報

関連キーワード

徳川家斉マンウィリスコワニエジェラールストーンダイバーズデュ=ブスケパンペリーファン=ドールン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation