@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大夫【たいふ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大夫
たいふ
もと中国古代の官位名。その後広く有位高官の者をいった。日本では,律令制下,中宮職,春宮 (とうぐう) 職,その他の各職の長官名をいい,「だいぶ」と呼んだ。また一位以下,五位以上の有位者を総じて大夫といったが,のち五位だけに用い,「たいふ」「たゆう」と呼んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たい‐ふ【大夫】
中国、代の職名。卿(けい)の下、の上。
律令制で、一位以下五位までの者の。また特に、五位通称
伊勢神宮神職。五位の位をもつ権禰宜(ごんねぎ)。
江戸時代、大名の家老を敬っていう語。
の別名。→大夫(たゆう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たゆう〔タイフ〕【夫/夫】
たいふ(大夫)1
神主禰宜(ねぎ)などの神職の称。たいふ。
御師(おし)の称。
芸能をもって神事に奉仕する者の称号。
猿楽座座長。江戸時代以降は、観世金春(こんぱる)宝生金剛の四座の家元をさして、観世太夫などという。古くは能のシテ役をさした。
説経節および義太夫節などの浄瑠璃系統の音曲の語り手。また、義太夫など、名前としても使う。
歌舞伎で、立女形(たておやま)敬称
近世後期、大道芸門付け芸などの芸人の称号。万歳太夫など。
官許の遊女のうち最上位。松の位

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐ぶ【大夫】
律令制で、職(しき)およびの長官。「右京大夫」「東宮大夫

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいふ【大夫】
もとは中国周代の官位として,卿(けい)の下,士の上の地位の名称。その後,中国歴朝における各種の官位の呼称となった(〈士大夫〉の項目参照)。日本でははじめ広く尊称として用いられ,令制以前には天皇御前に侍して奏宣し,議政に参与した〈まへつぎみ〉にも〈大夫〉の字をあてた。令制では,一位以下五位以上を喚(め)す辞(ことば)として〈大夫〉の称を用いることを規定している。官職名でも中宮職・春宮坊・左右京職などの長官を大夫と称し,さらに大弁を〈長官弁〉とか〈弁大夫〉と称した例も記録に見える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

たゆう【大夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

まえつぎみ【大夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいふ【大夫】
中国、周代の官職の一。卿けいの下、士の上に位する。
律令制で、一位から五位までの人の総称。または五位の通称。
律令制で、職・坊の長官。だいぶ。
大名の家老の異名。
秦の始皇帝が封禅のため泰山に登った際、雨やどりした松の木に大夫の爵位を与えたという故事から 松の異名。
神主・禰宜ねぎなど神職の呼称。 → たゆう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だいぶ【大夫】
大輔たいふと言い分けるための読み方という
律令制で、職・坊の長官。たいふ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大夫
たいふ
古訓は「まへつきみ」。大化前後の時代に、大臣(おおおみ)、大連(おおむらじ)とともに朝政に参画し、また奏宣のことを行った官職。『日本書紀』の舒明(じょめい)即位前紀に、皇位継承に関する朝議に大夫が参加したことがみえ、また同前紀に「厳矛(いかしほこ)の中取りもてる事の如(ごと)くにして奏請する人等」とあるのは、天皇と臣下の間にたって中を取りもった大夫の職務をさしていったものと考えられる。律令(りつりょう)官制の整備に伴い、大夫の官職的な性格は失われ敬称化した。公式(くしき)令に、太政官(だいじょうかん)においては三位(さんみ)以上を大夫、寮以上においては四位を大夫、司(し)および中国以下においては五位以上を大夫と称する規定があるが、のちには五位の通称として大夫の語を用いるようになった。なお、中宮職(ちゅうぐうしき)、春宮坊(とうぐうぼう)、皇后宮職などの長官は「だいぶ」と読む。[柳雄太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐ふ【大夫】
〘名〙
[一] 中国での官位の呼称。
① 周代の職名。卿(けい)の下、士の上に位する執政官で、上大夫、中大夫、下大夫の三等に分かれる。秦、漢以後も御史大夫、光祿大夫などの官名があるが、周代の制とは異なる。
※太平記(14C後)三七「時の王侯貴人公卿大夫媒妁を求め、婚礼を厚くして、夫婦たらんことを望しか共」 〔孟子‐梁恵王・上〕
② 秦・漢代の爵位の名。
※菅家文草(900頃)二・小松「将效貞心遠、大夫此地停」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「尤秦の始皇帝が松に太夫(タイフ)の官をば与たが」
③ 官位のある者をいう。〔東方朔‐答客難〕
[二] (秦の始皇帝が、泰山に登って雨にあい、松の下に雨やどりしてこれに(一)②の爵位を与えたという「史記‐封禅書」に見える故事から) 植物「まつ(松)」の異名
※菅家文草(900頃)四・老松風「聞暁風吹老大夫、冷々恰似珊瑚」 〔李嶠‐松詩〕
[三] 日本での地位の呼称。
① 古く天皇・大王の御前に祗候(しこう)する臣下の称。また、その主だった者。大化前代、大臣・大連に次ぐ議政官。まえつぎみ。まうちぎみ。まちぎみ。
※知恩院本上宮聖徳法王帝説(917‐1050頃か)「上宮時巨勢三杖大夫歌」
② 令制で、一位から五位までの人の尊称。また、一位から五位までの総称。
※令義解(718)公式「司及中国以下。五位称大夫。〈謂。一位以下。通用此称〉」
③ 公卿(くぎょう)(=一・二・三位)の次位。四位と五位の総称。
※続日本紀‐養老七年(723)一〇月乙卯「冝親王諸王公卿大夫百寮在一レ位、同慶斯瑞
④ 五位の通称。また、尊称。例えば無官大夫は五位であって現職のない者、民部大夫は民部省の丞(じょう)で五位の者。
※蜻蛉(974頃)中「大夫 よべのいとおぼつかなきを、御門のへむにて、御けしきもきかむとて、物すれば」
⑤ 令制官司の職・坊の長官。→だいぶ
⑥ 神主(かんぬし)、禰宜(ねぎ)など、神職の呼称。→たゆう
※宇津保(970‐999頃)楼上下「四月祭の日、葵かづらいといつくしう、うるはしきさまにてねぎのたいふ、かんの殿の御かたにもて参りたり」
⑦ 神社の御師(おし)の称号。→たゆう
⑧ (中国の諸侯・卿・大夫・士などになぞらえて) 江戸時代、旗本をさしていう。
※随筆・花月草紙(1818)二「代々の大君の御説よりして、諸侯・大夫をはじめ、おもひよることいひたらば、何をもて後のよを救ひなん」
⑨ 政治を行なう者。為政者。
※語孟字義(1705)下「世之学士大夫、自以為至宝、而不実為邪説之所上レ誤也」
[語誌](1)日本における「大夫」には官職を意味する場合と、位階をさす場合とがある。前者は職の長官の場合で「だいぶ」と読みならわしている(「だいぶ」は別項)。八省の次官の大輔(たいふ)と区別するためという。後者は、一位から五位に通ずる尊称ともされるが、三位以上が卿と称されるのに対して、四位・五位をさすことが多くなり、大夫が本来、尊称であるところから、五位の場合はとくに多用され、五位の別称ともなった。
(2)五位は貴族の最下級であったが、門地のない地方の武士などにとっては、これに叙爵し、大夫を称することが栄光を意味した。遊芸人、神職、遊女の主なる者が大夫を称するのもこれに類した事情からであったと考えられる。なお、位階の場合の仮名表記は「たいふ」で、現代の発音では「たゆう」となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐ぶ【大夫】
〘名〙 (「たいふ」の変化した語) 令制官司の大膳職、左右京職、修理職、中宮職および春宮坊の長官をいう場合のよみぐせ。〔令義解(718)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

大夫
たいふ
周代に王や諸侯に仕えた卿・大夫・士の家臣団のうち,第二の治者階級
世襲身分で,領地を与えられた。のち爵位の名となり,御史大夫などの官名として残った。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大夫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation