@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大安寺【だいあんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大安寺
だいあんじ
奈良市大安寺町にある寺。南都七大寺の一つ。平城遷都に際し,大官大寺飛鳥から移して大安寺と称したもので,造営には道慈の新様式を取入れたと伝えられる。南大門外に東西を配した大伽藍であったが,中世以後衰え,古い建物はまったく残っていない。第2次世界大戦後発掘調査が行われ,当初の伽藍配置が確かめられた。また,同寺に遺存する『聖観音』など9体の木像群は,彫刻史上大安寺派とも呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいあん‐じ【大安寺】
奈良市大安寺町にある高野山真言宗別格本山南都七大寺の一。推古天皇25年(617)聖徳太子発願で建立された熊凝精舎(くまごりしょうじゃ)に始まると伝え、その後、十市郡に移り百済(くだら)大寺高市郡に移り高市大寺、のち大官大寺と改称霊亀2年(716)平城京に移り、大安寺となった。奈良時代、三論宗の根本道場として道慈などが活躍。東大寺に次ぐ大寺で、南大寺とも称された。中世以降、衰微

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

大安寺
奈良県奈良市にある寺院。高野山真言宗。本尊は十一面観音。聖徳太子が平群(へぐり)に建立した熊凝精舎(くまごりしょうじゃ)が起源と伝わる。各地を転々とし、都度寺名も変わったが、平城遷都の際に現在地に移転、現名称となる。南都七大寺のひとつ。旧境内に杉山古墳がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいあんじ【大安寺】
奈良市にある真言宗の寺。南都七大寺の一つ。639年(舒明11)十市郡の百済(くだら)川のほとりに建てられた百済大寺に始まり,673年(天武2)高市郡に移って高市(たけち)大寺と称し,677年大官大寺と改称。さらに平城遷都の際,716年(霊亀2)左京六条四坊に移転し,大安寺と名を変えた。造営には遣唐留学僧の道慈が参与し,長安の西明寺をモデルにしたといわれ,東大寺,西大寺と並んで南大寺とも称された。伽藍の大きさや資産は,747年(天平19)の《大安寺伽藍縁起幷流記資財帳》に詳しい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典・日本の観光資源

大安寺
(奈良県奈良市)
南都七大寺指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいあん‐じ【大安寺】
奈良市大安寺町にある高野山真言宗の寺。南都七大寺の一寺。推古天皇二五年(六一七)聖徳太子が現在の額安寺の地に建てた熊凝精舎(くまごりしょうじゃ)にはじまると伝えられる。その後、舒明天皇一一年(六三九)大和国百済(奈良県北葛城郡広陵町)の百済川のほとりに移して百済大寺と呼ばれ、さらに高市郡夜部村(明日香村)に移建されて高市(たけち)大寺と称し、つぎに大官大寺と改称した。平城京遷都後は左京六条四坊の現在地に移され、現名に改称。東大寺につぐ大寺として栄えたが中世以降衰微した。現在の堂宇は明治以降の造立。南大寺。大寺。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

大安寺
だいあんじ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治37(大阪・天満座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

大安寺
だいあんじ
奈良市大安寺町にある真言宗の寺院。南都七大寺の一つ
617年聖徳太子建立の熊凝 (くまごり) 寺が,寺地をかえ百済 (くだら) 大寺・高市大寺(大官大寺)となり,平城遷都後左京に移り,729年の僧道慈による改造後大安寺といわれた。大安寺様式と呼ばれる天平末期の『十一面観音像』『楊柳 (ようりゆう) 観音像』などを蔵し,日本彫刻史上重要。東西の塔が南大門の外にある伽藍 (がらん) 配置は大安寺式と呼ばれる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大安寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大安寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation