@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大家【オオヤ】

デジタル大辞泉

おお‐や〔おほ‐〕【大家/大屋】
貸家の持ち主。家主。⇔店子(たなこ)
母屋(おもや)。
本家(ほんけ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐か【大家】
大きな家。りっぱな家屋。
ある分野で、特にすぐれた見識・技能をもっている人。「日本画の大家
たいけ(大家)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐け【大家】
金持ちの。また、社会的地位身分の高い家柄。たいか。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

大家
日本では貸家主であるおおやさん。中国ではその場にいる人みんなのこと、「みなさん」をいう。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

おおや【大家】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

たいか【大家】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいか【大家】
学問・芸術・技芸などの面で特にすぐれ、名声の高い人。巨匠。 書道の-
大きな家。
金持ちの家。家柄のよい家。たいけ。 -の出

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たいけ【大家】
金持ちの家。
家柄のいい家。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大家
おおや
大屋とも書き、家守(やもり)、家主(やぬし)ともよばれた。江戸の貸地、貸家の管理人で、地主、家持(いえもち)にかわって地代、店賃(たなちん)などを取り立てた代理人、差配(さはい)人のこと。彼らの多くは、地主のもっている長屋の別棟か、地主所有の家屋を与えられ、地代、店賃の徴収のほか、五人組の構成員として公用や町用を行った。また「たなこ(店子)と言えば子も同然」といわれたように、借家人(店子)には、子に対する親のような責任と権利をもっていた。[南 和男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐か【大家】
〘名〙
① 大きな家屋。大屋(たいおく)
② 富んだ家。金持ち。また、貴い家柄。身分の高い家柄。たいけ。
※太平記(14C後)二一「世の譏(そしり)をも知らず、侈(おごり)を究め欲を恣にせし大家の氏族」
※評判記・色道大鏡(1678)一四「妾をもとむるには、祿次第にて大家(タイカ)の方へと心ざす」 〔書経‐梓材〕
③ その道で特にすぐれた人。巨匠。
※正法眼蔵(1231‐53)春秋「高祖の辺域にいたらず、仏法の大家を覰見せざるによれり」
※随筆・胆大小心録(1808)一一一「千陰といふ下手よみは、当時日本一の大家じゃ」
④ みんな。皆々。
※空華日用工夫略集‐至徳二年(1385)一〇月一五日「大家擁被堂中坐」
⑤ しゅうとめの称。〔晉書‐列女伝〕
⑥ 中国古代の女子の尊称。〔後漢書‐列女伝・曹世叔妻〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐け【大家】
〘名〙 富んだ家。金持の家。また、貴い家柄。由緒ある家。社会的地位の高い家。また、その人。たいか。
※咄本・聞上手(1773)大名「夜中に御大家(タイケ)の御通り、どなたで御ざりますととへば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐け【大家】
〘名〙 大きな家(日葡辞書(1603‐04))。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation