@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大寺学校【オオデラガッコウ】

デジタル大辞泉

おおでらがっこう〔おほでらガクカウ〕【大寺学校】
久保田万太郎戯曲。4幕。昭和2年(1927)発表。浅草代用小学校が、明治末期の学制改廃という時代の推移の中で寂れていくようすを描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおでらがっこう【大寺学校】
久保田万太郎の代表的戯曲。4幕。1927年《女性》に連載,翌28年11月築地小劇場が青山杉作演出で初演。のち築地座,歌舞伎新派文学座上演。明治末の浅草の私立代用小学校が舞台校長の大寺三平は土地の人々の人情を信じてと生きているが,彼は若い教師のが土地の魚屋〈魚吉〉の娘を叱ったことで親から苦情を言われる。三平がそれを峰に伝えたため峰は辞表を出した。三平のこうした気遣いにもかかわらず,〈魚吉〉が市立小学校建設の土地を提供するという噂が伝わり,三平は心を暗くする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大寺学校
おおでらがっこう
久保田万太郎の戯曲。4幕。自作の小説『黄昏(たそがれ)』(のち『くづれやな』と改題)を改作し戯曲としたもの。1927年(昭和2)1月号から4月号の『女性』に連載。翌年11月築地(つきじ)小劇場で、青山杉作の演出、友田恭助、汐見洋らによって初演された。明治末期の東京・浅草の大寺学校という代用小学校が舞台。老校長大寺三平は昔なじみの旧世界に生きている。三平は親類づきあいだと信じている「魚吉」の子供のことで若い教員峰と衝突、峰は辞職する。創立20周年の記念式典が済んだころ、老教師光長から三平は「魚吉」が市に土地を売り、その跡地に公立の小学校が建てられるという話を聞かされる。時代の流れに取り残される人間の悲哀を、きわめて完成度の高い文体で描いた写実戯曲の傑作である。[大笹吉雄]
『『久保田万太郎全集6』(1967・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおでらがっこう おほでらガクカウ【大寺学校】
戯曲。四幕。久保田万太郎作。昭和二年(一九二七)発表、翌年築地小劇場で初演。浅草の代用小学校を舞台に、時世の推移にうとい校長大寺が、新しい時代の波に取り残されていく姿を描く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大寺学校」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大寺学校の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation