@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大寺【ダイジ】

デジタル大辞泉

だい‐じ【大寺】
規模の大きな院。主に維持費などが国から支給された官寺をいう。大刹(たいさつ)。おおでら。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおてら【大寺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

だいじ【大寺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいじ【大寺】
規模の大きな寺。おおでら。大刹たいさつ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐でら おほ‥【大寺】
[1] 〘名〙 規模または構造の大きい寺。大伽藍(だいがらん)。⇔小寺(こでら)
※万葉(8C後)四・六〇八「相思はぬ人を思ふは大寺(おほてら)の餓鬼のしりへに額づくごとし」
[2] 京都市伏見区下鳥羽にあった勝光明院の俗称。北殿御堂。
平家(13C前)三「おほ寺のかねの声」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐じ【大寺】
〘名〙 構造や僧侶の数など規模の大きな寺院。主として堂塔の修理費や衆僧の供養料が国より支給された官寺。おおでら。
※日本略記(1596頃か)「此の四箇之大寺は、天下の御祈所にて、内裏の御祈祷所也」 〔法苑珠林〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

大寺
(通称)
だいじ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
堺大寺開帳
初演
元禄4(大坂・角芝居)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation