@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大山巌【おおやま いわお】

美術人名辞典

大山巌
陸軍軍人元帥公爵鹿児島県生。名は岩次郎・弥介、は赫山。造士館・演武館に学び戊辰戦争従軍西南戦争・日清戦争・日露戦争に各級司令官として活躍。この間、陸軍大臣参謀総長枢密顧問官・議定官・内大臣等を歴任。大正5年(1916)歿、75才。従一位大勲位を与えられる。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

おおやま‐いわお〔おほやまいはほ〕【大山巌】
[1842~1916]元帥・陸軍大将。鹿児島の生まれ。西郷隆盛従弟陸相・参謀総長を務め、日露戦争では満州軍総司令官。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大山巌 おおやま-いわお
1842-1916 明治時代の軍人。
天保(てんぽう)13年10月10日生まれ。西郷隆盛の従弟。戊辰戦争に従軍し,維新後欧州に派遣され砲術を研究。日本陸軍の創設にあたり,陸軍卿,明治18年初代陸相。大正3年内大臣。西南戦争では旅団司令官として西郷軍とたたかう。日清戦争では第二軍司令官,日露戦争では満州軍総司令官をつとめた。陸軍大将,元帥。大正5年12月10日死去。75歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。通称は岩次郎。号は赫山。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおやまいわお【大山巌】
1842‐1916(天保13‐大正5)
明治期の陸軍軍人で元老。日露戦争時の陸軍最高指揮官。薩摩藩士大山彦八の子で西郷隆盛の従弟にあたり,倒幕運動に参加し,寺田屋事件では危うくを逃れた。戊辰戦争に参加,1870年(明治3)に渡欧して普仏戦争を視察し,帰国後陸軍大佐ついで少将に任じられ,征韓論が敗れて下野した西郷ら薩摩藩出身に代わって,薩閥の首領としての地位を占めた。71‐74年フランス留学。西南戦争に旅団司令長官として出征し,80年に陸軍卿,84年陸軍の俊秀をひきいて渡欧し,各国の兵制を視察し,帰国後陸軍大臣として軍制改革を行い,山県有朋につぐ明治陸軍の実力者となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおやまいわお【大山巌】
1842~1916 陸軍軍人。薩摩藩士。西郷隆盛の従弟。陸相・参謀総長を務め、日露戦争では満州軍総司令官。元帥。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大山巌
おおやまいわお
[生]天保13(1842).10.10. 鹿児島
[没]1916.12.10.
陸軍軍人。日本最初の元帥。長州の山県有朋とともに陸軍を薩長閥に2分し,明治陸軍育成の双璧といわれた。幼名,岩次郎。のちに弥介,巌と改める。西郷隆盛の従弟にあたり,父は薩摩藩士大山彦八。安政2 (1855) 年に上京して倒幕運動に参加。薩英戦争では決死隊砲台長として初めて戦闘に参加。元治1 (64) 年江戸留学,砲術の免許皆伝を得た。戊辰 (ぼしん) 戦争では薩摩藩兵の砲隊長。明治3 (70) ~4年渡欧。同4年4月陸軍大佐兼兵部権大丞,同年8月少将。同年 11月フランス留学,1874年フランスから急遽呼戻され,征韓論に破れた西郷の説得をまかされたが,失敗。 77年西南戦争に第5旅団司令官として参加。 80~91年陸軍卿。官制改革で 85年に陸相。 92~96年陸相。陸相在任中,陸軍の様式の範をドイツに切替え,兵器の統一と国産化を進めた。この間日清戦争が起り,第2軍司令官として出征。 98年元帥。 99~1906年参謀総長。日露戦争では満州軍総司令官に任命され,参謀総長児玉源太郎の才幹を遺憾なくふるわせ,満州軍の統帥に妙を尽した。 07年公爵。 14~16年内相。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大山巌
おおやまいわお
(1842―1916)
明治時代の軍人。薩摩(さつま)藩出身で西郷隆盛(さいごうたかもり)の従弟(いとこ)。天保(てんぽう)13年10月10日生まれ。幼名は弥助(やすけ)。1862年(文久2)大坂に出て倒幕運動に参加。薩英戦争でイギリス艦の大砲の威力を認識し、戦後、江戸の江川塾で砲術を学ぶ。戊辰戦争(ぼしんせんそう)に参加し、新陸軍下では、1870年(明治3)に欧州に派遣される。また、翌1871年11月から1874年10月までフランスに留学。西南戦争には別働第一旅団司令長官として出征。陸軍軍制のフランス式からドイツ式への移行期の1885年、初代陸軍大臣となる。1891年陸軍大将、枢密顧問官。日清戦争には第二軍司令官として出征。1898年元帥。日露戦争には満州軍総司令官となる。1907年(明治40)公爵。長州藩出身者が陸軍首脳部を占めていたなかで、陸軍の最重要官職に長期間就任できた理由として、茫洋(ぼうよう)とした人柄や藩閥的偏狭性の希薄さが指摘されている。[遠藤芳信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

大山巌
おおやまいわお
1842〜1916
明治時代の軍人
陸軍大将・元帥・元老。薩摩藩出身。戊辰 (ぼしん) 戦争・西南戦争で活躍。薩摩派を率いて長州の山県有朋とともに陸軍の創設に尽力し,陸相・参謀総長などを歴任。日清戦争では第2軍司令官,日露戦争では満州軍総司令官をつとめた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大山巌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大山巌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation