@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大峰奥駈道【オオミネオクガケミチ】

デジタル大辞泉

おおみね‐おくがけみち〔おほみね‐〕【大峰奥駈道】
奈良県の吉野山と和歌山県の熊野三山を結ぶ道。修験者の修行道。熊野古道の中でも険しい道として知られる。靡(なびき)と呼ばれる75か所の修行場が設けてあり、ここをに修行して歩く。熊野本宮大社の本宮証誠殿(1番)から吉野川河岸の宿(75番)へ向かうのを順峰(じゅんぷ)、その逆に巡るのを逆峰(ぎゃく)という。平成16年(2004)「紀伊山地霊場と参詣道」の一部として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大峰奥駈道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大峰奥駈道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation