@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大峰山脈【おおみねさんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大峰山脈
おおみねさんみゃく
通称大峰山大和アルプスともいう。奈良県南部の山上ヶ岳を中心として,北は大天井岳,南は涅槃岳までの八剣山 (仏経ヶ岳) ,釈迦ヶ岳などの山域の総称。東は吉野川の上流北山川,西は十津川の谷にはさまれ,南北方向に延びた山脈で,紀伊山地の中央部を形成。秩父古生層の古い岩石から成り,山容は壮年期標高 2000m近い峻峰が連なり,古くから修験道発達。現在は一般登山者も多い。山岳美,渓谷美,森林美に富み,吉野熊野国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおみねさんみゃく【大峰山脈】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおみねさんみゃく【大峰山脈】
紀伊山地の中央部を南北に走る山脈。最高峰の仏経ヶ岳ぶつきようがだけ(八剣山)海抜1915メートルをはじめ、1400~1900メートルの山々が連なる。大和アルプス。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大峰山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大峰山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation