@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大島蓼太【おおしま りょうた】

美術人名辞典

大島蓼太
江戸中・後期俳人信濃生。本姓吉川通称は平助、名は陽喬、号に雪中庵・里席・宜来等。二世雪中庵桜井吏登に入門し、のち三世となる。三千余人の門人を有し、天明期の俳諧中興に尽くした功績は大きい。天明7年(1787)歿、69才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

おおしま‐りょうた〔おほしまレウタ〕【大島蓼太】
[1718~1787]江戸中期の俳人。本名は吉川陽喬。信濃の人。別号、雪中庵。桜井吏登(さくらいりとう)師事。江戸俳壇の実力者で、芭蕉への復帰を唱え、東西行し、門人の数三千といわれた。編著雪おろし」「蓼太句集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大島蓼太 おおしま-りょうた
1718-1787 江戸時代中期の俳人。
享保(きょうほう)3年生まれ。雪中庵2代桜井吏登(りとう)に入門,延享4年雪中庵3代をつぐ。松尾芭蕉ゆかりの地を吟行した。俳書をおおく編集し,門人は3000人をこえた。天明7年9月7日死去。70歳。信濃(しなの)(長野県)出身。本姓は吉川。名は陽喬。通称は平助。別号に宜来,老鳥,豊来など。編著に「芭蕉句解」「雪おろし」など。
【格言など】世の中は三日見ぬ間に桜かな(「蓼太句集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大島蓼太
おおしまりょうた
[生]享保3(1718).信濃,伊那大島
[没]天明7(1787).9.7. 江戸
江戸時代中期の俳人。本名,吉川陽喬。通称,平助。別名,蓼太郎,雪中庵,宜来など。若い頃江戸に出て藤屋平助と称し幕府御用の縫物師となった。俳諧は桜井吏登 (りとう) 門。『続五色墨』 (1751) で基礎を固め,論書『雪おろし』 (51) において江戸座宗匠を批判し,江戸俳壇に確固たる地位を占めた。東西に旅行すること 30度,編著 200部,門人 2000人,俳諧史上稀有の名声を得た。一方芭蕉の資料紹介や注釈にも尽力した。作風は平明。『蓼太句集』 (77) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおしま‐りょうた【大島蓼太】
江戸中期の俳人。信濃国(長野県)の人。本名陽喬。吏登に師事。雪中庵三世。江戸座の宗匠たちに対抗して「雪おろし」を著し、彼らの「江戸二十歌仙」を批評して論争をまきおこし、しだいに江戸俳壇に地位を築いた。著「蓼太句集」「芭蕉句解」「七柏集」など。享保三~天明七年(一七一八‐八七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大島蓼太
おおしまりょうた

蓼太

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大島蓼太」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大島蓼太の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation