@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大崎上島【おおさきかみじま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大崎上島
おおさきかみじま
広島県南部,芸予諸島中の島。1島で大崎上島町を構成。木江東野大崎地区がある。東岸にある木江港は,豊臣秀吉の朝鮮出兵時の造船港として知られ,明治以後は若松から大阪に向かう石炭船の寄港地として繁栄した。島の主産業は傾斜地を利用したミカン栽培。かつては木造船の本場であった。東野矢弓に国立広島商船高等専門学校がある。島の東部で石灰石を産し,南部は瀬戸内海国立公園に属する。大西,白水鮴崎,木江の各港から三原安芸津などへの定期船がある。面積 38.59km2。人口 9955 (2000) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおさき‐かみじま〔おほさき‐〕【大崎上島】
広島県南部、瀬戸内海芸予諸島中の島。竹原市南の沖合にある。面積38平方キロメートル。造船業は、かつて島の主要産業だった。農業ではミカン栽培が盛ん。南西大崎下島がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおさきかみじま【大崎上島】
広島県に属し,瀬戸内海の芸予諸島のほぼ中央に位置し,柳ノ瀬戸をはさんで本土竹原市に対する。面積37.7km2。南東部に神峰山(453m)があり,これより山脚が北東および西にのび,北西は屈曲に富む海岸をなす。小湾の奥に平地があり,島嶼(とうしよ)部としては干拓地が多い。豊田郡に属し,島の北西に大崎町,北部に東野(ひがしの)町,南側には木江(きのえ)町がある。3町の産業はミカンを共通に,大崎の農業,東野の造船と精錬(同町契島の東邦亜鉛),木江の造船が特色で,木江はかつて機帆船の寄港地として知られた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大崎上島
おおさきかみじま

広島県中南部、瀬戸内海の芸予(げいよ)諸島の一島。豊田(とよた)郡大崎上島町に属する。面積38.36平方キロメートル。竹原市街前面の海上に位置し、南方の明石(あかし)瀬戸を隔てて大崎下島(しもじま)と対する。竹原港と垂水港間は約20分の距離にある。また三原市、東広島(ひがしひろしま)市(安芸津(あきつ)港)、今治(いまばり)市とも定期船で連絡する。神峰(かんのみね)山(453メートル)を最高峰とする山地が東部から南部にかけて延び、西側や北側に平地や干拓地がある。平安時代の大崎荘(しょう)の地で、江戸時代は広島藩蔵入地。島の南東部にある木江港は明治から大正にかけて機帆船の寄港地として栄えた。中小規模の造船業のほか、ミカン、ネーブル、ハッサク、野菜づくりが行われ、竹原市などへ通勤する者も多い。人口8676(2009)。

[北川建次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大崎上島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大崎上島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation