@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大崎下島【おおさきしもじま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大崎下島
おおさきしもじま
広島県南部,芸予諸島中部の島。行政上は呉市に属する。全国的に知られる大長みかんは,島内最高峰の一峰寺山 (449m) の山頂近くまで栽培され,一部島外へ出作される。ミカンの生産額は県下有数。西部豊浜では一本釣り,延縄主体とする漁業が盛んで,異色の漁法「アビ漁法」があり,浜付近の海面アビ渡来群游海面として国の天然記念物に指定されている。北東部は瀬戸内海国立公園に属する。大長のから本土への定期船がある。面積 17.81km2人口 3233 (2000) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおさき‐しもじま〔おほさき‐〕【大崎下島】
広島県南部、瀬戸内海芸予諸島中の島。市南東部にある。面積18平方キロメートル。ミカン(大長(おおちょう)みかん)の栽培の中心。島東部の御手洗(みたらい)は潮待ち港として江戸時代に開かれた町。北東に大崎上島がある。御手洗島。旧称大長島

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおさきしもじま【大崎下島】
広島県南部,安芸灘の北東隅にあり,呉から東へのびる島列の東端をなす。面積17.6km2のうち西側約1/4は豊田郡豊浜町の一部,残りは同郡豊町である。東に愛媛県の岡村島があり,大崎下島もかつては伊予に属し大長(おおちよう)島と呼ばれた。島全体が急峻な山地であるが山頂まで段畑として耕され,温暖少雨の典型的な瀬戸内式気候によって良質美味の大長ミカンを産する。南東部の御手洗(みたらい)港は帆船時代から内海航路の要所であったが,明治以降は入港する船もなく,史跡から往時繁栄がしのばれるのみである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大崎下島
おおさきしもじま
広島県中南部、瀬戸内海の芸予(げいよ)諸島の一島。大崎上島(かみじま)の南西方に位置する。面積17.82平方キロメートル。呉(くれ)市に属す。竹原市竹原港から高速艇で約40分の距離にある。西方にある豊島とは豊浜大橋でつながる。また、東方の岡村島とは、間に平羅(へら)島と中ノ島を挟んで、平羅橋、中の瀬戸大橋、岡村大橋でつなぐ「安芸灘オレンジライン(あきなだおれんじらいん)」道路によって結ばれている。鎌倉時代ごろまでは伊予(愛媛)領で、江戸時代には広島藩蔵入地であった。北東部の御手洗(みたらい)は江戸時代は潮待ち港として、西廻(にしまわり)航路などで栄えた。御手洗には古い民家や史跡が数多く残され、1994年(平成6)に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。地質が適しているためミカン畑が多く、とくに御手洗北部の大長(おおちょう)地区はミカン栽培の中心地で、各地へ船で渡り作を行っている。人口2752(2009)。[北川建次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大崎下島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大崎下島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation