@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大崎【おおさき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大崎
おおさき
広島県南部,芸予諸島大崎上島西部長島を含む小島からなる地域。旧町名。 1955年西野村と中野村が合体して町制。 2003年木江町,東野町と合体し大崎上島町となった。かつては塩田による製塩業が行なわれた。現在耕地の多くはミカン畑で占められ,散在する小干拓地で米作を行なう。特産品にブルーベリーがある。大西には小型鋼船の造船所が立地。本土への玄関口は中心集落の中野で,東広島市の安芸津フェリーで結ばれている。西部に大串外浜海水浴場があり,海域瀬戸内海国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大崎
おおさき
東京都品川区北部の地区。住宅・工業地区。目黒川の谷と背後台地にまたがる。低地城南工業地区の一部で電気,機械工場などがある。台地上は住宅や立正大学などがある。 JR大崎駅は貨物の取扱いが多く,JR東日本の大井工場への引込み線が分岐する。また,駅東側には複数の企業,ホテル,商店が集合したビル (大崎ニューシティ) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大崎
おおさき
和歌山県北西部,海南市南西部の集落。旧町名。 1955年下津町と合体し,2005年海南市と合体した。紀伊水道の下津湾北岸の古い港町で,江戸時代廻船寄港漁業および山地でのミカン栽培が盛んであった。現在は石油貯油場がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大崎
おおさき
滋賀県北西部,高島市北東部にある琵琶湖北岸の海津大崎ともいう。付近は沈水地形で岩礁が多く,琵琶湖八景の一つ「暁霧海津大崎の岩礁」で知られる景勝地。 1940年湖岸道路が開通して観光地として脚光を浴び,春のサクラ見物,夏のキャンプ地として有名。釣りの名所でもある。東山中腹に大崎寺 (大崎観音) がある。琵琶湖国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおさき〔おほさき〕【大崎】
宮城県北西部にある市。ささにしきなど多くの銘柄米発祥の地。稲作を中心に農業がきわめて盛ん。平成18年(2006)3月に古川市・松山町・三本木町・鹿島台町・岩出山町・鳴子町・田尻町が合併して成立。人口13.5万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおさき【大崎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大崎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大崎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation