@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大師講【だいしこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大師講
だいしこう
11月 23日の夕方から 24日にかけて行われる民間祭り大師とは弘法大師あるいは智者大師 ( 顗) をさすといわれる。あずきを食べ,23日夜には忌籠りをする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいし‐こう【大師講】
11月23日夕方から24日にかけて行われる民間行事。家々で小豆がゆ・団子などを食べる。智者大師弘法大師元三(がんさん)大師などを祭る地方もある。 冬》「細々と日枝の煙や―/嘯山
天台宗で、伝教大師最澄(さいちょう)の忌日である6月4日に行われる法会。伝教会。六月会(みなづきえ)。
真言宗で、月ごとの21日に弘法大師空海への報恩のために行う会。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいしこう【大師講】
弘法大師空海の信者が結成する講社をいう。また天台宗では開祖智者大師智覬(ちぎ)の忌日11月24日に講会を営み,比叡山では霜月会,天台会などとよんだが,他の諸寺では大師講と称した。また民家で行う伝教大師最澄の忌日の仏事をも大師講という。このほか東北,関東北部,北陸中部や山陰地方には,旧暦11月23日夜から翌日にかけて,大師講とよばれる民俗行事がある。講といっているが講組織はなく,各民家で小豆粥小豆大根,蕪(かぶ)などを入れただんご汁を作り,〈ダイシノツエ〉という長短不揃いの箸(はし)を添えて,〈ダイシサマ〉に供える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいしこう【大師講】
陰暦11月23日夜から24日にかけて行われる民俗行事。小豆粥などを作る。天台大師など、諸宗の祖師と付会する説も多い。 [季] 冬。
弘法大師を奉賛する宗教講。
長講会ちようこうえに同じ。
天台宗の開祖、智者大師(智顗)の忌日(11月24日)に行われる仏事。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大師講
だいしこう
旧暦11月23日の晩に家々を訪れる大師様に、小豆粥(あずきがゆ)や団子を供える行事。東北、北陸、中部や山陰地方など広域に伝承されている。ことに日本海沿岸地域では顕著で、講と称するが家の祭りである。この日はかならず雪が降るといい、大師様の足が片方であるとか、大師様のために畑の作物を盗む老女の足跡を隠すとかということで、デンボカクシ、アトカクシユキなどとよばれている。また大師様は子だくさんで長い箸(はし)で団子を刺して食べさせるなどという伝承や、片方の足の不自由を表しているという話を伴って、長短2本の箸を小豆粥や団子などの供え物に添える。片方の足や目が不自由だとか、人々の前に出現するときに雪や風など天候が荒れるというのは、日本の神のイメージとして古くから伝承されている一つのパターンである。現在は大師様といえばほとんどが弘法(こうぼう)大師を想定しており、ほかに智者(ちしゃ)大師や聖徳太子などもみられる。しかし、大師講は霜月二十三夜という時期的なことから、その年の新穀を祝う新嘗祭(にいなめさい)的な農耕儀礼が背景にあると考えるべきものであろう。その際に迎える神をダイシとしたのは、大子(おおいこ)つまり神の子ということからきたといわれているが、そうしたダイシ信仰が弘法大師の巡行伝説と結び付いたと考えられる。[佐々木勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいし‐こう【大師講】
〘名〙
① 天台宗の開祖、中国の智者大師(智顗)の忌日である一一月二四日に行なわれる仏事。古くは一一月一四日から一〇日間であったが、江戸時代以後は一一月二一日から三日間となった。現在は一〇月と一一月の二三日、二四日にわたって行なう。
※日蓮遺文‐地引御書(1281)「二十四日に大師講並延年、心のごとくつかまつりて」
② 天台宗で、伝教大師(最澄)の忌日である六月四日に行なわれる法会。六月会。みなづきえ。
③ 真言宗で、弘法大師(空海)への報恩のために行なう法会。
※斑鳩物語(1907)〈高浜虚子〉上「皆東京のお方だす。大師講のお方で高野山に詣りやはった帰りだすさうな」
④ 旧暦一一月二三日から二四日にかけての年中行事。家々で粥や団子汁などを作って食べる。講とはいうものの、講は作らず各家々でまつる。この夜お大師様が身なりをかえて、こっそり訪れるので、家に迎え入れ歓待するのだともいわれている。《・冬》 〔俳諧・誹諧初学抄(1641)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大師講」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大師講の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation