@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大師【だいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大師
だいし
神奈川県北東部,川崎市川崎区の地区。多摩川下流の右岸にある。平安時代後期に真言宗智山派平間寺 (川崎大師) がおかれ,江戸時代には門前町としてにぎわった。大正初期には自然堤防上を中心に多摩川梨の大栽培地でもあった。明治末からの工場進出により,地先の埋立て地は石油化学を中心とする大工場地域となり,大気汚染が第2次世界大戦前から社会問題となっている。川崎港の一部の大師運河には,石油化学関連の専用埠頭がある。大師の節分会と毎月 21日に行われる縁日は関東一円からの人出でにぎわう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大師
だいし
偉大な導師尊称高徳の尊称にも用いられる。中国をはじめとして,日本では朝廷から各宗の高僧諡号として賜わった。最も古いのは貞観8 (866) 年7月最澄に贈られた伝教大師の号で,最近では 1962年に浄土宗開祖源空 (法然上人) が,従来の五大師号に加えて和順大師を贈られている。俗に「お大師さま」というときは弘法大師空海をさす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だい‐し【大師】

菩薩(ぼさつ)の尊称。
朝廷から高僧に対して贈られる称号。死後に贈られる場合が多い。日本では貞観8年(866)に最澄伝教大師の称号を贈られたのが最初
高徳の僧の敬称。
弘法大師のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だいし【大師】[地名]
神奈川県川崎市川崎区の地名川崎大師(平間(へいけん)寺)がある。付近京浜工業地帯の一部で、化学工業が盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいし【大師】
大師範または大導師の意。釈迦,あるいはその教えを尊んで大師と称するが,中国において学徳すぐれ帝王の師となるべき高僧の敬称として用いられ,やがてもっぱら死後に贈られる諡号(しごう)となった。天台大師(智顗(ちぎ)),弁覚大師(慧遠(えおん))などがその例である。日本でも866年(貞観8)最澄に伝教(でんぎよう)大師,円仁えんにん)に慈覚大師の号が天皇から贈られて以来,空海の弘法(こうぼう)大師など各宗の宗祖に贈られた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大師
だいし

偉大なる師の意で、高徳の師に対する敬称として用い、また仏をさす場合もある。中国で、たとえば天台智顗(ちぎ)を智者(ちしゃ)大師、吉蔵(きちぞう)を嘉祥(かしょう)大師、法蔵(ほうぞう)を香象(こうぞう)大師などのように弟子や後世の人々が尊称したのに始まり、のちには朝廷から諡号(しごう)として追贈されるようになった。わが国ではもっぱら諡号として用いられ、866年(貞観8)最澄(さいちょう)に伝教(でんぎょう)大師、円仁(えんにん)に慈覚(じかく)大師と追諡(ついし)されたのを嚆矢(こうし)として、空海の弘法(こうぼう)大師など、以後近世に至るまで高徳の師に与えられた。

[藤井教公]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だい‐し【大師】
[1] 〘名〙 仏語。
① (大導師の意) 仏菩薩や高徳の僧を敬っていう語。
※観智院本唐大和上東征伝(779)傷大和上〈法進〉「大師慈育契円空、遠邁伝燈照海東」 〔四分律行事鈔資持記‐上一上〕
② 朝廷から高僧に賜わる諡(おくりな)。ふつう、死後その高徳をたたえて贈られるもの。中国では、唐代にはじまり、日本では貞観八年(八六六)、最澄に「伝教大師」、円仁に「慈覚大師」の称号を贈ったのが最初である。また、朝廷とは関係なく、私に一宗の者が敬称していう例もある。たとえば、天台宗の光定を別当大師と称するなど。
※三代実録‐貞観六年(864)正月一四日「夢達摩和尚、宝志和尚、南岳天台六祖大師、并日本国聖徳太子、行基和尚、叡山大師等、倶共来集」 〔杜甫‐贈蜀僧詩〕
③ 「大師」と呼ばれる高僧を本尊としてまつってあるところ。特に上野寛永寺の両大師と、川崎大師が有名。大師様。
※俳諧・末若葉(1697)上「出替や馬買やうに髭を見ル 大師の鬮をはさむ傘〈山蜂〉」
④ 「だいしこう(大師講)①」の略。
※俳諧・新身(1705)「二つ三つ大師の粥にたかる蠅」
[2] 弘法大師のこと。
※栄花(1028‐92頃)うたがひ「高野に参らせ給ひては、大師の御入定の様を覗き見奉らせ給へば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大師」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大師の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation