@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大役【タイヤク】

デジタル大辞泉

たい‐やく【大役】
責任の重い役目。重大な任務。大任。「委員長の大役を果たす」
演劇・映画などで、重要な役。「大役を振られる」
花札で、大きな手役または場役。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐やく【大役】
〘名〙
① だいじな役目。責任の重い任務。
※評判記・難波立聞昔語(1686)若林四郎右衛門「脇家老とて諸大名衆にありまして大役(ヤク)をさばく代なくしてはかなはざるぎなり」
※忘却の河(1963)〈福永武彦〉三「二年生の彼女が大役を持たされたというのは異数の抜擢ということが出来た」
② 花札で、大きな手役、または場役のこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大役」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大役の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation