@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大御所【おおごしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大御所
おおごしょ
御所本来親王公卿将軍などの隠居所のことをいい,転じてその人々の尊称。江戸時代には徳川家康が,秀忠に将軍職を譲ってみずから大御所と称した。家康ののち,秀忠,家斉が大御所となったが,家慶に将軍職を譲った家斉の大御所の期間は長期にわたり,いわゆる大御所時代を現出した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おお‐ごしょ〔おほ‐〕【大御所】
すでに引退して表面に出ないが、その世界で大きな勢力をもっている人。また、その道の大家として大きな勢力をもつ人。「政界の大御所
親王の隠居所。また、隠居した親王の尊称。
将軍の隠居所。また、隠居した将軍の尊称。江戸時代、特に徳川家康家斉(いえなり)をいう。→小御所(こごしょ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

おおごしょ【大御所】
京都の日本酒。蔵元の「古林酒造」は昭和6年(1931)創業。現在は廃業京都市伏見区東組町にあった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおごしょ【大御所】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおごしょ【大御所】
その道の第一人者として勢力をもっている人。 文壇の-
親王の隠居所。また、その親王の尊称。
摂政・関白の父を呼ぶ尊称。
退位した将軍。また、将軍の父の居所。また、その人の尊称。徳川家康・家斉いえなりをさす場合が多い。 → 小御所

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐ごしょ おほ‥【大御所】
〘名〙
① 親王の隠居所。また、その親王の敬称。〔康富記‐嘉吉二年(1442)一一月二六日〕
② 摂政関白の父を呼ぶ敬称。〔光源院文書‐慶長一六年(1611)三月〕
③ 前征夷大将軍、また、将軍の父の居所。また、その人の敬称。近世、多く用いられ、特に徳川家康、家斉をいう。⇔小御所(こごしょ)。〔吾妻鏡‐建仁三年(1203)九月六日〕
④ 政界から隠退しても、隠然とした勢力を持っている人。転じて、その道の大家として、大きな勢力を持っている人。
※春泥(1928)〈久保田万太郎〉みぞれ「興行界の大御所といはれたあの室田さんがそれを聞いて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおみ‐もと おほみ‥【大御所】
〘名〙 (「おおみ」は接頭語) 天皇のおいでになるところ。天皇のおそば。
※古事記(712)中「喚上げたまへる髪長比売をば天皇の大御所(おほみもと)に請ひ白して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

大御所
おおごしょ
一般的には隠退した前将軍に対する敬称をいう
本来は天皇皇族摂関など高貴な人の住居を呼んだ御所という語が,その人をさす敬称として用いられ,鎌倉幕府摂家将軍宮将軍が実現すると将軍にも適用され,ついで隠退した前将軍を大御所と呼ぶ慣例が生まれた。江戸時代,特に徳川家康および家斉 (いえなり) は隠退して大御所と呼ばれつつ,なお政治を左右したので有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大御所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大御所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation