@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大徳寺納豆【だいとくじなっとう】

世界大百科事典 第2版

だいとくじなっとう【大徳寺納豆】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

だいとくじ‐なっとう【大徳寺納豆】
〘名〙 大徳寺の門前、時には寺内で製する納豆。夏期に、蒸し、または煮た大豆を室(むろ)で発酵させ、塩味をつけ、天日に当ててさらに発酵させたもので、色が黒く、鹹味(かんみ)と酸味とがきいている。一休禅師から製法を授かったと伝え、一休納豆とも称する。《季・夏》
※青井戸(1972)〈秦恒平〉「大徳寺納豆を包んだ鯛の薄造りと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大徳寺納豆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大徳寺納豆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation