@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大拍子【だいびょうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大拍子
だいびょうし
日本の楽器一種神楽囃子に用いられ,かん高い音色をもつ膜鳴楽器。細長い黒塗りの両面直径約 25cmの鉄の輪に張った皮を当て,赤い調緒 (しらべお) を穴に通して亀甲型に締めたドラムで,形は大型のに似ている。竹製の細長い2本の (ばち) で右側の皮面を打奏する。里神楽太々神楽夜神楽などで主役を演じる。歌舞伎下座音楽にも取入れられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だい‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【大拍子】
里神楽などに用いる打楽器の一種で、締め太鼓の胴の長いもの。細桴(ほそばち)で一方の皮を打つ。
歌舞伎下座音楽で、1のほか、大太鼓と篠笛(しのぶえ)あるいは能管が入る鳴り物。神社の場面などに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいびょうし【大拍子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいびょうし【大拍子】
締め太鼓の一種。桶胴に皮を張ったもので、ふつう細桴ほそばちで一方の皮を打つ。関東や奥羽地方の里神楽に用いる。
歌舞伎の下座音楽の一。を中心に、大太鼓と篠笛しのぶえもしくは能管のうかんを吹き合わせるもの。神社の境内や社頭の場面に用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐びょうし おほビャウシ【大拍子】
〘名〙
① (形動) 物事がきわめて快調に進んで行くさま。
※浮世草子・日本新永代蔵(1713)一「大拍子(オホビャウシ)なる家業の、材木屋なれ共」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐びょうし ‥ビャウシ【大拍子】
〘名〙
① 里神楽に用いる太鼓の一種。
② 歌舞伎の下座音楽で用いる、神楽の小鼓を大きくした形の楽器。また、それを用いた囃子(はやし)の称。ふつう大太鼓(おおだいこ)と打ち合わせ、篠笛、三味線のはいることもある。神社の場、神楽の場などに用いる。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)三立「『両人お来やれ』と台拍子に成り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大拍子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大拍子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation