@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大文字屋【だいもんじや】

世界大百科事典 第2版

だいもんじや【大文字屋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

だいもんじ‐や【大文字屋】
[1]
[一] 江戸新吉原京町一丁目にあった妓楼。
※洒落本・通言総籬(1787)「玉やのおにくび、大文字やのしらァんもよくいふよ」
[二] 江戸時代、京にあった呉服屋。
※浮世草子・好色一代女(1686)三「女も独過(ひとりすぎ)のおもしろからず〈略〉大文字(ダイモンジ)屋といへる呉服所(ごふくしょ)へ腰元づかひに出ぬ」
[2] ((一)(一)の初代村田市兵衛は、頭が大きく、背が低かったので、「かぼちゃ市兵衛」とあだ名されたところから、転じて) 頭でっかちで背の低い人。
※新板当世むりもんだふ(1830‐44)「はつのみを天満屋といふはいかに、かぼちゃを大文字屋といふがごとし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

大文字屋
だいもんじや
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治30.3(大阪・朝日座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大文字屋
(通称)
だいもんじや
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
紙子仕立両面鑑
初演
明治3.5(京都・南側芝居)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大文字屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大文字屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation