@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大日坊【だいにちぼう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

大日坊
だいにちぼう

山形県鶴岡(つるおか)市大網にある真言(しんごん)宗豊山(ぶざん)派の寺。山号は湯殿山(ゆどのさん)。本尊は大日如来(にょらい)。寺の縁起によれば825年(天長2)空海(くうかい)の開基という。湯殿山四別当の一つで、湯殿山表口別当滝水寺大日坊と号し、奥の院を管理した。湯殿山は女人禁制であったので、空海が当寺を女人の湯殿山遙拝所(ようはいじょ)として大日如来を安置したと伝える。三代将軍徳川家光(いえみつ)の乳母であった春日局(かすがのつぼね)も本寺に祈願した。本堂には1783年(天明3)に入定したという真如海上人(しんにょかいしょうにん)の即身仏が安置されている。寺宝には伽羅枕(きゃらまくら)、黄金の碗(わん)(最上義光(もがみよしみつ)奉納)、梵鐘(ぼんしょう)(1658作)、扁額(へんがく)(木庵性瑫(もくあんしょうとう)筆)など多数がある。

[中山清田]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大日坊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大日坊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation