@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大日本婦人会【だいにほんふじんかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大日本婦人会
だいにほんふじんかい
1942年2月2日政府が組織した婦人報国運動団体。第2次世界大戦が始るまで,婦人団体としては陸・海軍省の大日本国防婦人会,文部省系の大日本連合婦人会内務・厚生省系の愛国婦人会があったが,相互の反感が次第に強まったため政府は,3つの婦人団体を統合し,「高度国防体制に即応するため,皇国伝統の婦道に則り,修身斉家のぐる」ことを目的とした大日本婦人会を結成した。 20歳以上の婦人を強制的に加入させ,貯蓄増強,衣料切符献納,廃品回収,国防訓練などさまざまな銃後活動を行なった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいにほん‐ふじんかい〔‐フジンクワイ〕【大日本婦人会】
昭和17年(1942)愛国婦人会・国防婦人会・大日本連合婦人会を統合して結成された婦人団体。軍人援護・防空訓練など戦争完遂のために20歳以上の婦人を強制加入させた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいにほんふじんかい【大日本婦人会】
第2次世界大戦中,政府・軍部の主導で組織された婦人団体。20歳未満の未婚者を除く,日本人女子全員を組織するため,1941年6月婦人団体統合要綱が閣議で決定され,これを受けて愛国婦人会,大日本国防婦人会,大日本連合婦人会の3団体を統合し,42年2月結成式が挙行された。会長は侯爵夫人山内禎子。同年5月大政翼賛会に加盟し,その下部組織として,戦時下総力戦体制に全国の婦人を動員するのに強大な力を発揮した。おもな事業は,出征兵士送迎,防空訓練,竹槍訓練,貯蓄奨励,戦時生活確立運動などで,国民生活のすべてを統制・支配した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいにほんふじんかい【大日本婦人会】
1942年(昭和17)愛国婦人会・大日本国防婦人会・大日本連合婦人会を統合して組織された、戦争協力のための婦人団体。二〇歳以上の婦人は強制加入とされ、貯蓄増強・廃品回収・国防訓練など、国家奉仕に動員された。45年国民義勇隊に改編。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大日本婦人会
だいにほんふじんかい
太平洋戦争下の1942年(昭和17)2月2日、政府の方針により、それまで政府内部で所管を異にしていた愛国婦人会(内務省)、大日本連合婦人会(文部省)、大日本国防婦人会(陸海軍省)の三団体を統合して新たに設立された婦人団体。統合のおもな理由は、三団体の競合が激しくなってきたためである。会長に皇族出身の山内禎子、政府指名の発起人には三団体以外の羽仁説子(はにせつこ)、吉岡弥生(やよい)、山高(やまたか)しげりなどの婦人運動家も加えるなど、文字どおり全婦人層を総力戦体制に動員することを目ざしたもので、「国防思想ノ普及」「家庭生活ノ整備刷新」「国防ニ必要ナル訓練」などを掲げて活動した。会員は20歳以上の日本婦人を対象とし、会員数は1年間で1900万人を超えたが、多くは強制的に加入させられたもので、婦人団体としての自主性はなかった。機関誌『日本婦人』を発行。45年6月13日に解散、国民義勇隊に統合された。[米田佐代子]
『千野陽一著『近代日本婦人教育史』(1979・ドメス出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいにほん‐ふじんかい ‥フジンクヮイ【大日本婦人会】
太平洋戦争下、政府が作った婦人団体統合組織。昭和一七年(一九四二)大日本国防婦人会、愛国婦人会などの婦人団体を統合して結成。国家奉仕を目的とし、国防訓練・兵士の送迎など銃後活動を行ない、大政翼賛会の一翼を担った。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

大日本婦人会
だいにほんふじんかい
太平洋戦争中,政府が組織した全国的な女性団体
1942年,戦時体制強化のために愛国婦人会・大日本国防婦人会・大日本連合婦人会を統合して設立。「高度国防国家体制に即応するため,皇国伝統の婦道に則り,修身斉家の実を挙ぐる」ことを目的に,20歳以上の女性を強制的に加入させて,廃品回収・国防訓練・兵士の慰問・遺族の援護などを行った。'45年国民義勇隊に改組したが,敗戦により解散

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大日本婦人会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大日本婦人会の関連情報

関連キーワード

レジスタンス文学森一生ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーンアントニー ビーバーアンガー第2次世界大戦第2次世界大戦

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation