@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大日【だいにち】

世界大百科事典 第2版

だいにち【大日】
密教の中心本尊で如来の一つ。サンスクリット名マハーバイローチャナMahāvairocanaの訳で,摩訶毘盧遮那(まかびるしやな)と音訳し,単に毘盧遮那仏ともいう。その智慧光明があまねく一切に及び,慈悲の活動が永遠不滅とされ,密教体系ではすべての諸仏諸菩薩はこの如来より出生したとされる。《大日経》に胎蔵大日如来と,《金剛頂経》に説く金剛界大日如来の2種があり,両経が展開する説に基づいた,いわゆる両界曼荼羅の中心に位置する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

だい‐にち【大日】
[1] (「たいにち」とも) 「だいにちにょらい(大日如来)」の略。
※性霊集‐一〇(1079)詠十喩詩・詠如夢喩「深修観察得原底、大日円々万徳周」
[2] 〘名〙 大きな太陽。大きく見える太陽。
※あらたま(1921)〈斎藤茂吉〉一心敬礼「目をひらきてありがたきかなやくれなゐの大日(ダイニチ)われに近づきのぼる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいにち【大日】
《「たいにち」とも》「大日如来」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大日の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation