@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大朝【おおあさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大朝
おおあさ
広島県北西部,北広島町北東部の旧町域。中国山地内の大朝盆地にあり,北で島根県に接する。1926年町制。1955年新庄村と合体。2005年芸北町,千代田町,豊平町の 3町と合体して北広島町となった。中心集落の大朝は大朝庄として中世に開かれ,毛利一族の拠点となった。近世にはたたら製鉄の一拠点となり,安芸と石見を結ぶ街道に沿う宿場町であった。今日では米作中心の農村で,安芸のはやし田(国指定重要無形民俗文化財)や南条踊の民俗芸能が伝わる。吉川氏城館跡(小倉山城跡)は国の史跡

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

大朝
「だいちょう」と読む。全国紙朝日新聞」の前身のひとつ、「大阪朝日新聞」の略称

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大朝
おおあさ

広島県北西部、山県郡(やまがたぐん)にあった旧町名(大朝町(ちょう))。現在は北広島町(きたひろしまちょう)の一地区。旧大朝町は1926年(大正15)町制施行。1955年(昭和30)新庄(しんじょう)村と合併。2005年(平成17)2月芸北(げいほく)、千代田(ちよだ)、豊平(とよひら)の3町と合併し、北広島町となる。中国山地にあり、旧町域の北部は島根県に接し、古くから山陽、山陰の重要路にあたり、近世には三坂峠を越える参勤交代路の宿駅が置かれた。広島市と浜田市(島根県)を結ぶ浜田自動車道の大朝インターチェンジ近くに県営工業団地が造成され、また別荘地、レクリエーション地としての発展も期待されている。国道261号も通じる。農業は米作を中心としているが、転作によるキュウリなどの野菜栽培や畜産が増えている。古くからの中国山地の田植行事を伝える国指定重要無形民俗文化財のはやし田、県指定無形民俗文化財の南条踊などがあり、寒曳(かんびき)山にはスキー場がある。

[北川建次]

『『大朝町史』上下(1978、1982・大朝町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation