@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大本教【おおもときょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大本教
おおもときょう
神道系の新宗教出口なおにより 1892年に唱された。その予言御筆先 (おでさき。大本諭) として記された。大本皇大御神を祀り,なおの出生地たる丹波国綾部地上の高天原とし,神人合感を唱え,を立直して,神の国を開くと説く。なおの死後出口王仁三郎,すみの両人により,鎮魂帰神法が唱えられ,綾部に本部亀岡道場がおかれ,大きく発展したが,1921,35年の2回の不敬罪による弾圧を受け,解散させられた。第2次世界大戦後愛善苑として再建され,52年大本に復した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおもと‐きょう〔おほもとケウ〕【大本教】
明治末、出口ナオ教祖として出口王仁三郎(でくちおにさぶろう)が組織した神道系の新宗教。ナオの「筆先」による艮(うしとら)の金神(こんじん)の世直しを唱えて、「みろくの世」(神の国)の到来を説いた。大正10年(1921)・昭和10年(1935)の二度の弾圧を受けた。第二次大戦後、愛善苑として再出発したが、正式名称は大本。京都府亀岡市に本部を置く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおもときょう【大本教】
京都府綾部に本部を置く神道系の宗教。教祖出口なおは1836年(天保7)丹波国(京都府)の大工長女として生まれ,のち出口家の養女となって,大工の夫を婿に迎えた。夫の放蕩で家財いっさいを失い,ついにはぼろ買いをするほどの生活苦を体験した。1890年三女が発狂し,その際金光(こんこう)教の布教師の祈禱によって正気にもどるというご利益があらわれたのを機に金光教に深く帰依するようになる。さらに長女が発狂してまもない92年1月5日,なおは突然神がかりし,〈三千世界一度に開く梅の花,艮(うしとら)の金神の世になりたぞよ〉と口走り,世の中の立直しを叫んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおもときょう【大本教】
神道系新宗教の一。1892年(明治25)教祖出口ナオが神がかりして京都府綾部で開教。女婿出口王仁三郎おにさぶろうが教理を体系化。世の立てかえ・立て直しを唱え、理想世界「みろくの世」の実現を説く。弾圧を受けて、1935年(昭和10)解散。46年愛善苑の名で再建、52年旧称に復す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大本教
おおもときょう
習合神道系の新宗教。出口(でぐち)ナオとその女婿出口王仁三郎(おにさぶろう)を教祖とする。1892年(明治25)京都府綾部(あやべ)で、貧しい大工の未亡人出口ナオが神がかりして開いた。ナオは、自己にかかった「艮(うしとら)の金神(こんじん)」による世の立替え立直しを訴え、理想世界の「みろくの世」の到来を説いて、「筆先(ふでさき)」を書き続けた。ナオは初め金光教(こんこうきょう)に属し、病気治しを通じて布教したが、1899年上田喜三郎(のち出口王仁三郎)を迎えて金明(きんめい)霊学会をつくり、習合神道系の教義を整えた。王仁三郎は、京都府亀岡近郊の貧農の出身で、郷里の霊山高熊山に籠(こも)って修行し、霊力による病気治しを始めた。のち静岡県清水(しみず)の稲荷(いなり)講社に属して皇道霊学会をつくり、布教していたが、1900年(明治33)綾部に移って、ナオの五女すみ(1883―1952)と結婚した。王仁三郎はナオと対立して、綾部を去り、京都で神職となったが、衰えた教勢を回復するために綾部に戻り、1908年大日本修斎会をつくった。同会は病気治し、予言、集団的神がかり修行の鎮魂帰神などを駆使して全国的に教勢を拡大した。1916年(大正5)教名を皇道大本と改め、第一次世界大戦中から戦後に、英文学者の浅野和三郎(わさぶろう)(1874―1937)らの指導で、大正維新による神政実現を呼びかけ、知識層、軍人の入信が続いた。1921年不敬罪、新聞紙法違反で第一次の弾圧を受け、方向転換を余儀なくされた。王仁三郎は新教典『霊界物語』を述作し、霊主体従、万教同根を説いて、弾圧前の世直し的な教義を後退させ観念化した。またエスペラントを採用して国際的活動に乗り出し、中国の宗教慈善団体の道院・紅卍字会(こうまんじかい)と提携し、1925年人類愛善会を設立した。翌1926年、亀岡に天恩郷を建設して本部を置き、綾部の梅松苑とともに聖地とした。1934年(昭和9)政治団体の昭和神聖会を結成し、下からのファシズム運動を展開したが、天皇制と相いれない異端的な教義のため危険視され、1935年不敬罪、治安維持法違反で第二次の弾圧を受けた。大本教は禁止され施設は徹底的に破壊された。王仁三郎は6年余の獄中生活ののち、太平洋戦争中に保釈出所したが、ひそかに反戦平和を説き、陶芸に晩年の情熱を注いだ。戦後、1946年(昭和21)教団は愛善苑の教名で再発足し、1952年「大本」の教名に復した。この間、1949年に人類愛善会が再建され、世界連邦運動、宗教平和運動を展開した。なお、大本教から分立した宗教には神道天行居(てんこうきょ)、生長の家、世界救世教、三五(あなない)教、璽宇(じう)教(璽光尊(じこうそん))などがある。本部は京都府亀岡市荒塚町。教会数649、布教所数112、教師数4825、信者数16万8969(『宗教年鑑』平成26年版)。[村上重良]
『大本七十年史編纂会編『大本七十年史』全2巻(1964、67・宗教法人大本) ▽村上重良評伝『出口王仁三郎』(1978・三省堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおもと‐きょう おほもとケウ【大本教】
〘名〙 神道的宗教の一派。明治二五年(一八九二)、出口なおによっておこり、養子出口王仁三郎(おにさぶろう)によって組織された。本部を京都府綾部に置き、本尊を大本皇大御神(艮金神(うしとらのこんじん))とし、世の「立て替え直し」を志して、鎮魂帰神を唱えた。昭和一〇年(一九三五)弾圧され、翌年解散。同二二年大本愛善苑として新発足し、のち旧称に復す。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

大本教
おおもときょう
明治末期(1892)におこった神道系宗教団体
京都府綾部市の大工の未亡人出口なおが教祖。「お筆先 (ふでさき) 」を書き,艮 (うしとら) の金神 (こんしん) を祭れと説いた。女婿出口王仁三郎 (おにさぶろう) の活躍で教団に発展したが,1935年不敬事件を理由に結社禁止となった。第二次世界大戦後,大本愛善苑として復活。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大本教」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大本教の関連情報

関連キーワード

セントルイス・カージナルスマッケリー内閣総理大臣ウィロビースターマーネフスキーカルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩久米事件

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation