@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大根【オオネ】

デジタル大辞泉

おお‐ね〔おほ‐〕【大根】
物事の大もと。根本(こんぽん)。
「私はもともと事の―を攫んでいなかった」〈漱石・こゝろ〉
太い矢の根。
ダイコンの古名。 冬》
「つぎねふ山代女(やましろめ)の、木鍬(こくは)持ち打ちし―」〈・下・歌謡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐こん【大根】
《「おおね」を音読みにした語》
アブラナ科の越年草または一年草。白い長大な円柱状の根をもつ。葉は長く、羽状に深く裂ける。春、約1メートルの茎が伸び、淡紫色または白色の多数の花が咲く。ヨーロッパの原産で、日本には古く中国から渡来。根・葉を食用とする。春の七草の一。すずしろ。つちおおね。だいこ。 冬 花=春》「流れゆく―の葉の早さかな/虚子
「大根役者」のこと。演技力のない役者をあざけっていう語。→大根役者[補説]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐こ【大根】
だいこん(大根)」の音変化。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

大根(おおね)
静岡県下田市、石廊崎の西側、中木地区の南方沖約1kmに位置する無人島

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおね【大根】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおね【大根】
物事のおおもと。根本。 やつと自分を苦しめる不安の-に辿たどり付いた/明暗 漱石
太い鏃やじり
ダイコンの古名。 山代女の木鍬持ち打ちし-/古事記

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だいこ【大根】
「だいこん(大根)」の転。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だいこん【大根】
おおねの漢字表記大根を音読みした語
アブラナ科の越年生植物。古く中国を経て渡来。根はまっすぐで太く白い。葉は羽状に分裂。春、淡紫色ないし白色の十字形花を総状につける。栽培品種が多い。生食し、また煮物・たくあん・切り干しなどにする。ダイコ。古名オオネ・スズシロ。春の七草の一。 [季] 冬。 大根の花[季]
「大根役者」の略。
[句項目] 大根干す

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

大根 (ダイコン・オオネ;ダイコ)
学名:Raphanus sativus
植物。アブラナ科の越年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐ね おほ‥【大根】
〘名〙
① 「だいこん(大根)」の古名。《季・冬》
※古事記(712)下・歌謡「つぎねふ 山城女(やましろめ)の 木鍬(こくは)持ち 打ちし淤富泥(オホネ)
※俳諧・曠野(1689)員外「墨ぞめは正月ごとにわすれつつ〈野水〉 大根きざみて干(ほす)にいそがし〈荷兮〉」
② 太い矢の根。
※浄瑠璃・大磯虎稚物語(1694頃)一「大ねの雁股口よりくはっと吹きかくる」
③ 物事のおおもと。根本。本質。副詞的に用いられることもある。
※足利本論語抄(16C)八「曾子には大根本体の処を示すぞ」
④ 建築で、二段になった枘(ほぞ)の、つけ根のほうの幅広になった部分。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐こ【大根】
〘名〙 (「だいこん(大根)」の変化した語)
① =だいこん(大根)(一)(一)①《季・冬》
※咄本・醒睡笑(1628)四「京の町を大根売の、だいこかう大こかうというて通りける朝」
② 「だいこんやくしゃ(大根役者)」をいう。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)七「『イヨ大根(ダイコ)ウ。十把(じっぱ)ひとからげじゃ』『ナニ大根とは、アノ役者のことか』〈略〉〈此大根といふ事は、上方にては役者の下手なものを大根といふ〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐こん【大根】
[1] 〘名〙
[一] (「おおね」に当てた漢字を音読したもの)
① アブラナ科の一年草または二年草。中央アジア原産とみられ、重要な蔬菜として古くから広く栽培されている。高さ約一メートル。地下に多汁・多肉質で長大な白い根がある。葉は群がって生え、とげ状の細毛がある。葉身は羽状に分裂、各裂片は卵状楕円形で縁はあらい歯牙(しが)状。春、葉間から花茎がのび、淡紫白色の十字形花が群がって咲く。花後、翼のある長さ四~六センチメートルの長形の果実を結び、中に黒褐色で扁平な球状の種子ができる。根は煮て、または生で食べるほか、切り干し・漬け物などにし、葉も食べられる。漢名、莱菔、蘿蔔(らふく)。すずしろ。おおね。だいこ。《季・冬》
※東寺百合文書‐を・応永二六年(1419)七月二日・食器食物等料足注文「十文 大こん」
※俳諧・陸奥鵆(1697)「菊の後大根の外更になし〈芭蕉〉」
② 技量が乏しく芸のつたない俳優をあざけっていう語。大根役者。
※難波土産(1738)「へた役者の大こん」
※火の柱(1904)〈木下尚江〉九「銭取り道具と大目に見て居りゃ、菊三郎なんて大根に逆(のぼ)せ上って」
③ 紋所の一つ。大根をかたどったもの。違い大根、割り大根などがある。
④ 大根のように太くて、ぶかっこうなすねや足。特に女性の足をさしていい、転じて、女性をいう。
※雑俳・卯の花かつら(1711)「大根の構男にかこはれて」
※歌舞伎・芽出柳緑翠松前(1883)序幕「古い注連の大根や牛蒡で、御幣ぐるみに梵天国」
⑥ 男根の大きなもの。
※壒嚢鈔(1445‐46)一四「仍天下に勅を下して、大根(だいコン)の者を求め給。押勝其仁に当と云共、道鏡猶を能く是に叶へり」
[二] 仏語。大乗を信ずる根機。また、すぐれた能力。資質。大機。上根。
※兵範記‐保元元年(1156)六月四日「伴聖人、近代無双行者、心性大根権者」
※雑俳・柳多留‐三七(1807)「こひぞつもりて大根が五十本」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大根」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大根の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation