@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大気圧機関【たいきあつきかん】

世界大百科事典 第2版

だいきあつきかん【大気圧機関】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大気圧機関
たいきあつきかん
大気の圧力で動く機関。1712年、イギリスのニューコメンによって発明された。ボイラーで発生した蒸気をシリンダー内に導き、ピストンを押し上げる。次にシリンダー内に水を噴出させて冷却すると、蒸気は凝結し、シリンダー内が真空状態になり、大気圧によりピストンは押し下げられる。ふたたびシリンダー内に蒸気を導き、ピストンを押し上げ、前と同じことを繰り返し、ピストンの往復運動を利用し、排水用ポンプを動かす。ワットの蒸気機関が現れるまで約半世紀間、鉱山の排水用ポンプを動かす動力機械として使用された。しかし多量の燃料を必要とし、効率はきわめて悪かった。[中山秀太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大気圧機関」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大気圧機関の関連情報

関連キーワード

徳川家宣ショメル江島其磧馬場重久徳川家宣学生牢フィルメルゲン戦争大槻玄沢小豆粒萵苣木

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation