@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大気差【たいきさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大気差
たいきさ
atmospheric refraction
天体観測において,直接観測される天体の位置は地球大気屈折によっての位置よりもわずかに高度が高くなっている。この角度を大気差という。大気差は天頂において0,高度が低くなるほど大きくなり,地平線において最大の約 34.4′に達する。また,気温気圧により影響されるが,高度 15°以上の範囲では次の経験公式によって数まで正確に表わされる。すなわち,気温 t ℃,気圧 p cm水銀柱とすれば,高度角 h における大気差 (秒) は {215p/(273+t)} cot h となる。他の気象条件によっても影響されるが,その量はきわめて小さい

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいき‐さ【大気差】
地表で見る天体の見かけの方向と、その真の方向との差。光が大気中で屈折するために生じる。天体大気差。気差。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいきさ【大気差 astronomical refraction】
天文屈折ともいう。地球をとりまく大気のため天体からの光が屈折し,真の位置と見かけの位置がずれて見える現象をいう。天頂にある天体は地球の大気に対して垂直に光がくるのでその差はないが,天体が地平線に近づくにつれて,その光が大気を通る間が長くなるため屈折が大きくなり天体が浮き上がって見える(図)。その量は大気の密度や光の波長によって少し変化するが,天頂距離zとするとtanzにほぼ比例する。地平線上では34′になり,大気差のない場合と比較して,天体の出現では早くから見え,没するときはおそくまで見えていて,日本内地では日の出は2分ほど早く,日の入りは2分ほどおそくなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいきさ【大気差】
天体から地球に届いた光が大気による屈折を受けて、地上から見た天体の高度が実際よりも少し高く見える現象。最大で角度の34分以上に達する。気差。濛気もうき差。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいき‐さ【大気差】
〘名〙 大気屈折により生じる、天体の見かけの方向と本来の方向との間の差。濛気差(もうきさ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大気差」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大気差の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation