@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大気汚染物質【たいきおせんぶっしつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大気汚染物質
たいきおせんぶっしつ
air pollution substances
正常な大気には通常存在しないガス状,粉塵状の汚染物質,あるいは通常では存在しない量の汚染物質の総称。火山の噴火や風の巻上げなど自然現象によるものもあるが,主として人の生産活動などに伴って排出された人為的な汚染物質をいう。現在測定できるものが 200種をこえるが,測定方法のない物質もある。法令では,微量であっても,健康や生活環境に相当程度に好ましくない影響を与える物質について,その排出を規制する。大気汚染防止法では,工場および事業場における事業活動に伴って発生する,(1) 煤煙 (硫黄酸化物,煤塵,有害物質) ,(2) 粉塵,(3) 自動車排出ガス (一酸化炭素,炭化水素,窒素酸化物,鉛化合物,粒子状物質) を,規制の対象にしている。石油類の燃焼,化学工業の反応過程などから発生するものが多い。このうち有害物質はカドミウム,塩素,窒素酸化物など5項目である。また人間の健康や生活環境に被害を与えるおそれのあるアンモニア,シアン化水素など 28物質を特定物質と定め,事故などに際しての措置を定めている。このほか,太陽光線を媒介にして,2次的に環境中で合成されるオキシダント,PANなどの光化学スモッグがある。また,放射性物質も広義にはこれに入れられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいきおせんぶっしつ【大気汚染物質】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大気汚染物質」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大気汚染物質の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation