@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大気潮汐【たいきちょうせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大気潮汐
たいきちょうせき
atmospheric tide
太陽と月の引力によって起る大気変動潮汐は一般に海面に起るものをさすが,大気層にも生じる。 P.ラプラス計算によれば,赤道において,太陽と月の引力が一致したとき約 0.63mm水銀柱の気圧変動が生じるはずである。しかしこの程度の大きさでは,一般に気象学上の気圧変化のに隠れ,検出は困難である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいき‐ちょうせき〔‐テウセキ〕【大気潮×汐】
大気圏に生じる潮汐現象。主に太陽光による大気の加熱に起因し、周期12時間の変動が見られる。低緯度の方が変位は大きい。月と太陽の引力によって生じる天文潮と区別して、熱潮汐ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいきちょうせき【大気潮汐 atmospheric tides】
月の引力および太陽放射によって起こる大気の潮汐。一日潮と半日潮とがある。高・低気圧の影響を受けない低緯度地方の気圧を時刻別に平均して1日中の変化を調べると,最高値は地方時の午前10時と午後10時に現れ,1日を基本周期とする規則的変化のほかに,その倍振動である半日周期が卓越する。これらの周期の振幅は赤道上で最も大きく,1日周期は0.59hPa,半日周期は1.2hPaの振幅である。しかし,低緯度地方以外ではこれらの振幅はきわめて小さい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大気潮汐
たいきちょうせき

大気圏内におこる潮汐周期の変動現象。天体の引力は、海ばかりでなく、大気にも作用して潮汐現象がおこる。海の場合は太陰半日潮(周期12.4時間)がいちばん大きいが、大気の場合は太陽半日潮(周期12時間)が卓越している。日射により大気中のオゾンや水蒸気が熱膨張して、強制振動をおこすためである。潮汐による気圧変化は高・低気圧の気圧変化よりはるかに小さいので、普通の気象観測では現れてこない。

[安井 正]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大気潮汐」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大気潮汐の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation