@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大江以言【おおえの もちとき】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大江以言 おおえの-もちとき
955-1010 平安時代中期の官吏,漢詩人。
天暦(てんりゃく)9年生まれ。大江仲宣の子。一時弓削氏を称した。藤原篤茂(あつしげ)にまなび,文章(もんじょう)博士,式部権大輔(ごんのたいふ)をへて従四位下にすすむ。詩文にすぐれ作品は「本朝文粋」「本朝麗藻」などにおさめられている。寛弘(かんこう)7年7月24日死去。56歳。名は「ゆきとき」「よしとき」ともよむ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおえのもちとき【大江以言】
955‐1010(天暦9‐寛弘7)
平安時代一条朝の文人。江以言ともいう。大江音人(おとんど)の子千古の孫にあたる大隅守仲宣の子。当代を代表する大江匡衡とはまたいとこである。学問を藤原篤茂(あつしげ)に受け,長保・寛弘の間に文章博士に任ぜられ,式部権大輔を兼ね,従四位下に至る。詩文に長じ,《本朝文粋(ほんちようもんずい)》や《本朝麗藻》等に出ているが,一条朝詩壇の一面を見せる《本朝麗藻》の入集数は群を抜いている。【川口 久雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大江以言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大江以言の関連情報

関連キーワード

アガペツス2世コンピュータにおける数値の表現光合成オットー[2世]ヨハネス[12世]オルドニョ3世ラウワード朝アルフリック

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation