@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大湊湾【おおみなとわん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大湊湾
おおみなとわん
青森県北東部,陸奥湾の北東部に位置する曲部内側の湾。芦崎の砂嘴が北へ突出して湾の一部を区切っている。冬季には天然記念物のオオハクチョウが渡来し,ノリ養殖が盛ん。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおみなと‐わん〔おほみなと‐〕【大湊湾】
青森県北東部、下北半島のくびれた部分にある湾。陸奥(むつ)湾支湾オオハクチョウコクガンの渡来地。大湊港には海上自衛隊基地がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおみなとわん【大湊湾】
青森県北東部,下北半島頸部の湾曲部内側にある湾。葦崎の砂嘴(さし)が西から突出して湾の一部を区切っている。この砂嘴は標高1~3m,付け根の幅の広い部分(約1km)と先端の急に幅の狭くなる部分(約100m)からなる。湾奥大湊港が開け,江戸時代には木材積出港として栄えた。1905年海軍要港部がおかれ軍港として発達した。第2次世界大戦中は軍需工場も設立されにぎわったが,戦後は海上自衛隊の基地となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大湊湾
おおみなとわん

青森県北東部、下北半島の屈曲部にある湾。陸奥湾(むつわん)の支湾。芦崎(あしざき)の砂嘴(さし)が南西から突出して湾の一部をくぎっている。大湊港は江戸時代には木材の積出し港として栄え、1905年(明治38)海軍要港部が置かれてからは軍港として発達、現在は海上自衛隊の基地となっている。1967年(昭和42)日本最初の原子力船「むつ」の母港となったが、1974年の放射線漏れの事故により、母港を返上した。湾の一部ではノリの養殖が行われ、冬期にはハクチョウも渡来する。

[横山 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大湊湾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大湊湾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation