@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大瀬戸【おおせと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大瀬戸
おおせと
長崎県中部,西海市南部の旧町域。西彼杵半島西部にあり,松島その他の属島を含む。 1955年瀬戸町と多以良村,松島村,雪浦村の3村が合体して大瀬戸町が発足。 2005年大島町,西海町,崎戸町,西彼町と合体し西海市となる。中心集落の樫浦 (かしのうら) は県の出先機関や商店が多く立地し,半島西岸の中心地をなす。西彼高原では観光開発が進められている。米作畜産であるが,ミカンビワの栽培も行なわれる。漁業は小型巻網,延縄,一本釣りが主。雪浦川上流の人工湖は長崎市の上水道源。松島は歴史の古い炭鉱島であったが,水没事故によって 1934年閉山。その跡地には石炭専焼の火力発電所が 1981年に建設された。国指定史跡のホゲット石鍋製作遺跡がある。海岸一帯は西彼杵半島県立自然公園に属する景勝地。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおせと【大瀬戸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大瀬戸
おおせと

長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡にあった旧町名(大瀬戸町(ちょう))。現在は西海市(さいかいし)の南西部を占める。旧大瀬戸町は1955年(昭和30)瀬戸町と多以良(たいら)村、松島村、雪浦(ゆきのうら)村が合併して成立。2005年(平成17)西彼(せいひ)町、西海町、崎戸(さきと)町、大島(おおしま)町と合併、市制施行して西海市となった。旧町域を国道202号が走る。多以良は古くは平とも書かれ、平家塚が祀(まつ)られ、雪浦では小松郷(こまつごう)に小松内府平重盛(しげもり)を祀る重盛塚があるなど、平家落人(おちゅうど)の伝説が多い。現在、中心集落は樫浦(かしのうら)で、松島炭田の開発とともに要津として栄え、近代的港湾施設も整い、福島との間の瀬戸は埋め立てられ、福島は陸続きとなった。家船(えぶね)(水上生活者)もまったくその姿を消している。松島は江戸時代には捕鯨基地として、大正時代には海底炭田の開発によって栄えたが、1934年(昭和9)の水没事故によって閉山。1981年には石炭専焼火力発電所の松島火力発電所(総出力100万キロワット)が運用を開始している。雪浦川上流には雪浦ダムがあり、河口には砂丘が発達、海水浴場に利用されている。

[石井泰義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大瀬戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大瀬戸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation