@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大熊喜邦【オオクマヨシクニ】

デジタル大辞泉

おおくま‐よしくに〔おほくま‐〕【大熊喜邦】
[1877~1952]建築学者。東京の生まれ。芸術院会員。国会議事堂・旧文部省庁舎などを設計著作に「世界の議事堂」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大熊喜邦 おおくま-よしくに
1877-1952 明治-昭和時代の建築家。
明治10年1月13日生まれ。母校東京帝大の講師をへて,大蔵省にはいる。昭和2年営繕管財局工務部長となり,国会議事堂,首相官邸や文部省などの庁舎の建築を手がけた。建築学会会長。芸術院会員。昭和27年2月25日死去。75歳。東京出身。著作に「世界の議事堂」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

おおくまよしくに【大熊喜邦】
1877~1952 建築学者。東京生まれ。東大卒。国会議事堂・文部省庁舎などを設計。日本の住宅建築を研究。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大熊喜邦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大熊喜邦の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎マキノ雅広級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生おもなお雇い外国人成瀬巳喜男

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation