@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大熊座【オオグマザ】

デジタル大辞泉

おおぐま‐ざ〔おほぐま‐〕【大熊座】
北天にほぼ一年中見える星座。5月上旬の午後8時ごろ南中する。北斗七星を含み、そのα(アルファ)星β(ベータ)星を結ぶ線の延長に北極星がある。学名 〈ラテン〉Ursa Major

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおぐま‐ざ おほぐま‥【大熊座】
北天の星座。ギリシア神話で、カリストという美女が女神のにくしみをうけて変えられた熊に見立てる。この星座の中で特に目立つ部分が北斗七星で、そのα(アルファ)星とβ(ベータ)星を結ぶ方向はほぼ北極星の方向に向かうので、古来、航海や暦学上用いられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大熊座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大熊座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation