@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大田南畝【おおたなんぽ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大田南畝
おおたなんぽ
[生]寛延2(1749).3.3. 江戸
[没]文政6(1823).4.6. 江戸
江戸時代後期の文人。本名,覃 (ふかし) 。通称,直次郎。号,蜀山人。狂歌名,四方赤良 (よものあから) 。戯作名,山手馬鹿人 (ばかひと) 。狂詩名,寝惚 (ねぼけ) 先生。幕臣,御徒役。内山賀邸 (椿軒) に国学と和歌を,松崎観海に漢詩文を学んだが,19歳で平賀源内に認められ,狂詩文『寝惚先生文集』 (1767) を刊行,以後狂詩文で名を得た。一方,唐衣 (からごろも) 橘洲の狂歌会に加わって頭角を現し山手連を形成。狂歌会の第一人者となり,『万載狂歌集』『徳和歌後万載集』を編み,当時の狂歌の一大集成をなした。そのほか洒落本,黄表紙にも筆を染め,天明文界のリーダー格となった。寛政改革によりいったん幕吏の仕事に専念,文壇から退いたが,その後復帰,再び戯文戯作界に重きをなした。洒落本『甲駅新話』 (1775) ,『変通軽井茶話』 (80頃) ,黄表紙評判記『菊寿草』 (81) ,『岡目八目』 (82) ,狂歌狂文集『四方のあか』 (87) ,『千紅万紫』 (1817) ,『万紫千紅』 (18) ,『蜀山百首』 (18) ,随筆一話一言』『仮名世説』 (25) などのほか,咄本,紀行,漢詩集など著書多数。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおた‐なんぽ〔おほた‐〕【大田南畝】
[1749~1823]江戸後期狂歌師戯作者。江戸の人。名は覃(たん)。別号は蜀山人(しょくさんじん)・四方赤良(よものあから)。有能な幕臣でもあり、広く交遊をもち、天明調狂歌の基礎を作った。編著「万載狂歌集」、咄本「鯛の味噌津」、随筆集「一話一言」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大田南畝 おおた-なんぽ
1749-1823 江戸時代中期-後期の狂歌師,戯作(げさく)者。
寛延2年3月3日生まれ。幕臣。松崎観海らにまなぶ。明和4年の「寝惚(ねぼけ)先生文集」でみとめられる。洒落本,黄表紙をおおくかき,「万載(まんざい)狂歌集」などで狂歌界の中心となる。寛政の改革後は一時,筆をおり支配勘定役などとして活躍した。文政6年4月6日死去。75歳。名は覃(ふかし)。字(あざな)は子耜。通称は直次郎。別号に蜀山人(しょくさんじん),四方赤良(よもの-あから)など。著作はほかに「変通軽井茶話」「一話一言」など。
【格言など】ほととぎす鳴きつるかたみ初鰹春と夏との入相(いりあひ)の鐘(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおたなんぽ【大田南畝】
1749‐1823(寛延2‐文政6)
江戸後期の文人。狂歌,狂詩,狂文,洒落本,黄表紙,滑稽本の作者。随筆家。本名覃,通称直次郎,七左衛門。号は蜀山人,寝惚(ねぼけ)先生,四方赤良(よものあから),巴人亭,杏花園,山手馬鹿人,風鈴山人その他。江戸牛込生れの幕臣。江戸市民文芸の水先案内人の役割を果たした最初は,戯れに作った狂詩が平賀源内の推賞するところとなって出版された《寝惚先生文集》(1767)である。19歳の知的武士の軽快な諧謔が歓迎されて一躍文名をあげた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

大田南畝 (おおたなんぽ)
生年月日:1749年3月3日
江戸時代中期;後期の戯作者;狂歌師
1823年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおた‐なんぽ【大田南畝】
江戸後期の狂歌師。洒落本、滑稽本作者。本名、覃(たん)。別号、蜀山人(しょくさんじん)、四方赤良(よものあから)、寝惚(ねぼけ)先生など。江戸幕府に仕える下級武士。唐衣橘州(からごろもきっしゅう)、朱楽菅江(あけらかんこう)とともに狂歌三大家といわれ、天明調の基礎を作った。ほかに狂詩、洒落本、黄表紙、咄本(はなしぼん)なども著わす。著に「万載狂歌集」「徳和歌後万載集」「鯛の味噌津」「虚言八百万八伝」「一話一言」など。寛延二~文政六年(一七四九‐一八二三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

大田南畝
おおたなんぽ
1749〜1823
江戸後期の狂歌・洒落本・滑稽本作者
名は覃 (たん) 。別号は四方赤良 (よものあから) ・蜀山人・寝惚 (ねぼけ) 先生など。幕臣。和漢の学に通じ,狂歌・狂詩・狂文・黄表紙・随筆など多方面に活躍。文壇の指導的地位にあって,天明調狂歌の中心となった。著書に『蜀山百首』『万載狂歌集』『寝惚先生文集』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大田南畝
おおたなんぽ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大田南畝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大田南畝の関連情報

関連キーワード

丸山権太左衛門ゲーテ信達騒動怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)信達一揆吉田藩(三河国)大塚家具県産の野菜博多あまおうアペール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation