@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大田【おおた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大田
おおた
大分県東部杵築市北部の旧村域。国東半島のほぼ中央にある。 1954年田原村と朝田村が合体して成立。 2005年杵築市,山香町と合体して杵築市となった。地域の大部分山林原野耕地は乏しいが,米作のほか,ウシの飼育とスモモの栽培が進められている。国の重要文化財である沓掛の田原家五重塔,小野の財前家宝塔,石丸の宝塔 (国東塔) のほか,数多くの石仏などが残されている。沓掛の白鬚田原神社では毎年 10月 17~18日にユーモラスなどぶろく祭が行なわれる。無病息災を祈願したどぶろくを求めて,多くの参拝客でにぎわう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおた【大田】[東京都の区]
東京都南東部の区名。多摩川北岸にあり、住宅地・工業地。昭和22年(1947)大森蒲田の両区が合併して成立。人口69.3万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおだ【大田】[島根県の市]
島根県中部、日本海に面する市。市場町として発展し、牛馬市が開かれた。ソバワサビ栽培が行われ、石州瓦(かわら)を特産。平成17年(2005)10月、温泉津(ゆのつ)町・仁摩町と合併。人口3.8万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テジョン【大田】
大韓民国西部にある広域市。忠清南道道庁所在地。京釜(けいふ)・湖南線の分岐点交通要地。人口、行政区150万(2008)。たいでん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たいでん【大田】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいでん【大田 Taejŏn】
韓国,忠清南道東部の都市で,韓国の六広域市の一つ。忠清南道の道庁もここにある。人口126万8432(1995)。1905年の京釜鉄道開通以後,湖南線との分岐点にあたる交通の要地として商業が発達した。1927年には道庁が公州から移され,行政や教育の面でも地位が高まった。89年に直轄市に昇格,現在は広域市として5区が置かれている。朝鮮戦争によってひどく破壊されたが,戦後は軍事施設が集まり,軍事拠点にもなっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

おおだ【大田】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おおた おほた【大田】
東京都二三区の一つ。昭和二二年(一九四七)に大森区・蒲田区を合併して成立。旧二区のそれぞれ一字をとって新区名とした。西部は住宅地、東部は京浜工業地帯の一部。東京国際空港(羽田空港)、池上本門寺などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおだ おほだ【大田】
島根県中部、日本海に面する地名。山陰道、備後街道を結ぶ宿場町、牛馬市から発展した商業都市。三瓶(さんべ)山、三瓶温泉がある。西部の大森地区は石見(いわみ)銀山として栄え、鉱山町の町並みが残る。昭和二九年(一九五四)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たいでん【大田】
大韓民国中西部の都市。忠清南道の道都。穀物・綿花などの集散地として知られる。テジョン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation