@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大社造【たいしゃづくり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大社造
たいしゃづくり
出雲大社本殿に代表される神社本殿の形式切妻造妻入りで,入口正面右側にかたよって配置される。神社建築中最古の形式で,古代宮殿の形式を伝えるものと考えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいしゃ‐づくり【大社造(り)】
神社本殿形式の一。日本古代の建築様式を残すもので、屋根檜皮葺(ひわだぶ)きで、切妻造り妻入り。代表例は出雲大社本殿。おおやしろづくり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおやしろ‐づくり〔おほやしろ‐〕【大社造(り)】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいしゃづくり【大社造】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大社造
たいしゃづくり

神社本殿形式の一つ。切妻(きりづま)造、妻入(つまいり)の本殿で、平面は柱間が正面二間、側面二間になる。神明(しんめい)造や住吉(すみよし)造とともに古い神社本殿形式で、遺構は島根県内に限られる。出雲(いずも)大社本殿(江戸時代、1744年造営。国宝)が代表的なものであるが、神魂(かもす)神社本殿(桃山時代、1583年造営。国宝)のほうが古式を伝える。出雲大社本殿は現在礎石上端から千木(ちぎ)までの高さが八丈(約24メートル)であるが、古代32丈(96メートル)、中世16丈(48メートル)の伝承があり、巨大な本殿であった。平面は方形で、中央に心柱が立ち、後ろの一間が神座になる。出雲大社と神魂神社では神座の位置が左右逆になる。心柱に対して正面および背面中央の柱は宇頭柱(うずばしら)といい、本来は妻の外側に独立して立った棟持柱(むなもちばしら)の名残(なごり)という。正面入口は向かって右側につくが、佐太(さだ)神社本殿のように左側のものもある。また、美保(みほ)神社本殿は比翼大社造となる。

[工藤圭章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおやしろ‐づくり おほやしろ‥【大社造】
〘名〙 神社本殿形式の一つ。出雲大社本殿を基本とする。切妻造り。妻入り。出入口や階段は中央にはなく片よってある。たいしゃづくり。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たいしゃ‐づくり【大社造】
〘名〙 神社本殿形式の一つ。切妻造り。妻入りで桁行二間、梁行二間。入り口は一方に寄せて設けられる。内部に中心柱があり、その奥に横向きの神座がある。屋根は檜皮葺(ひわだぶ)きで、千木(ちぎ)・鰹木がのる。出雲大社本殿はその典型。おおやしろづくり。
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉四「遠く石段の上に大社造(タイシャヅクリ)の新しい社が見える」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

大社造
たいしゃづくり
神社建築最古の様式
出雲大社本殿に代表される。高床式,方2間(約3.6m)の切妻造・妻入りで,入口が向かって右側にあり中央には心柱がある。これを中心に内部を前後2室に分け,四つ目間取りで古代住居建築の様式を示す。大社造最古のものは島根県神魂 (かもす) 神社である。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大社造」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大社造の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation