@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大社【たいしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大社
たいしゃ
島根県北東部,出雲市北西部の旧町域。島根半島西端に位置し,日本海に臨む。1925年町制。1951年荒木村,日御碕村,鵜鷺村,遥堪村の 4村と合体。2005年出雲市,平田市,佐田町,多伎町,湖陵町の 2市 3町と合体して出雲市となった。古くは杵築(きづき)と呼ばれ松江藩の米の積出港出雲大社門前町として発展。1912年の一畑電鉄大社線開通後,駅通りに鳥居前までの町並みができた。神戸川河口周辺の砂丘地では明治初期までは綿花,近年はブドウ,メロン栽培が行なわれる。国譲の神話で知られる稲佐浜や,北部に日御碕,大社の西に出雲の阿国の墓がある。出雲大社本殿と社宝の秋野鹿蒔絵平箱,日御碕神社の社宝白絲威鎧はそれぞれ国宝。経島ウミネコ繁殖地,日御碕の大ソテツは国指定天然記念物。日御碕付近の海中島根半島海域公園地区に,海岸一帯は大山隠岐国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おお‐やしろ〔おほ‐〕【大社】
出雲大社(いずもたいしゃ)のこと。
「(丹波ノ出雲ハ)―をうつして、めでたく造れり」〈徒然・二三六〉
謡曲。脇能物観世金剛喜多流。観世弥次郎作。神無月朝臣(あそん)が出雲の杵築(きづき)大社にもうでると大神などが現れる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐しゃ【大社】

きわめて大きな神社や、由緒ある名高い神社。
古く、神社を格式によって大・中・小に分けたうちの第一位の神社。
明治4年(1871)から実施された神社制度の社格で、官幣大社国幣大社のこと。社号としては出雲大社のみに許された。
出雲大社」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいしゃ【大社】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおやしろ【大社】
出雲いずも大社のこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たいしゃ【大社】
名高い神社。
古来、神社を大・小、または大・中・小に分けたうちの最高位。伊勢大神宮・八幡宮など。
旧社格の一。官国幣社を大・中・小に分けたうちの最高位。官幣大社・国幣大社をいう。
「出雲大社」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たいしゃ【大社】
島根県北部、出雲市の地名。島根半島西端にある出雲大社の門前町。稲佐浜や日御碕ひのみさきがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大社
たいしゃ
島根県北部、簸川(ひかわぐん)にあった旧町名(大社町(まち))。現在は出雲市(いずもし)の北西部を占める地域。島根半島西端に位置する。旧大社町は、1925年(大正14)杵築町(きづきまち)と杵築村が合併して成立。新町名は出雲大社の鳥居前町であることによる。1951年(昭和26)荒木、日御碕(ひのみさき)、鵜鷺(うさぎ)、遙堪(ようかん)の4村と合併。2005年(平成17)出雲市に合併。一畑(いちばた)電車、国道431号が通じる。南西部の砂丘地は古くは綿作で知られ、現在は種なしブドウの産地となっている。大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀(まつ)る出雲大社のほか、式内社日御碕神社、日御碕灯台、経(ふみ)島のウミネコ繁殖地(国の天然記念物)などがあり、2007年には、228万人が出雲大社を訪れている。海岸一帯は大山隠岐(だいせんおき)国立公園域。[小松 聰]
『『大社の史話』(1978・大社史話会) ▽『大社町史』全6冊(1991~2002・大社町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐やしろ おほ‥【大社】
[一] (「いずものおおやしろ(出雲大社)」の略) 出雲大社(いずもたいしゃ)をいう。
※徒然草(1331頃)二三六「丹波に出雲と云ふ所あり。大社をうつして、めでたくつくれり」
[二] 謡曲。脇能物。観世・金剛・喜多流。観世彌次郎長俊作。神無月に出雲の大社に諸国の神々が集まって、にぎやかな神遊びをするという祝福の曲趣。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐しゃ【大社】
〘名〙
① 諸社の中で由緒ある規模の大きい神社。大所。
※古語拾遺(807)「今、但馬国出石(いつし)の郡に在る大社と為」 〔礼記‐祭法〕
② 社格が最上位の神社。古く神社の格式を大・小または大・中・小に分けたうちの第一位の神社。また特に、伊勢神宮・八幡宮をさしていうこともある。
※律(718)賊盗「謀大社者。徒一年。毀者遠流」
③ 明治四年(一八七一)に定められた神社制度の社格で、官幣大社・国幣大社の略称。また特に、出雲大社をさしていうこともある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

大社
たいしゃ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
文政1.5(江戸・都座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大社の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation